2010年 05月 06日 ( 1 )

スクリーン

1日が休みで、2日〜5日までジャンクの店舗を担当した 。いつものお客さんとは、
明らかに違うタイプの客層で店内が埋まっていたように感じる。といっても、品物を
出すとまとめ買いするのは、やはり常連さんが中心。慣れないと、おいそれとは購入
しづらいと思う。店での評価はあくまでも「ジャンク」であり、そのなかで買う側が
何らかの価値を見出す、これがジャンク品購入の基本である。従って保証などない。
返品や交換も受け付けていない。電話での問い合わせも不可能なので、連休になると
アクセサリーを探しているお客さんが来店される。で、いつもと違う品物が売れる。

この休みはニコンのFシリーズ、とりわけF2やF3用のフオーカシングスクリーンが
人気を集めていた。とにかく探している人が多い。といっても在庫はさほど豊富では
ないので、希望のものをストレートにお渡しできるとは限らないのだ。どのカメラも
そうなのだろうけど、全面マットを探している、というケースが圧倒的に多かった。
たかがカメラのスクリーンとはいえ、買うと3150円もする。キヤノンNewF-1では
なんとその倍以上もするものがある。それでもたぶん、出てくると即売れてしまう。

そんなこんなで、店内がたいへん賑やかだった4日間。それにしても、暑かったな。
スクリーン_b0016600_9424838.jpg

AB (1D MarkⅡ/Ai-s Nikkor ED 600mmf5.6)
by keiji_takayama | 2010-05-06 09:43 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama