2009年 10月 28日 ( 1 )

FM2

数日前の話。ジャンク店にニコンFM2が回ってきた。このカメラ、電池がなくても
きっちり動くので、写真を勉強できる一台として知られている。それが来たのだし、
おそらくシャッターが壊れているのだろうと思っていた。で、何気なく見てみると。
キレイなのである。ボディには細かなキズはあるものの、全体的な評価では5段階で
4を付ける人もいるだろう。ここでまず「え」と思い、シャッターを切ってみたら。
あはは、ちゃ〜んと全速動くではないか。では幕が開かないのかと考え直し、裏蓋を
広げてここもチェックしてみる。これも問題なし。こうなると、可能性は1つだけ。

ファインダーだ。カビかクモリでもあるのだろう。で、ライトで見てみたら、小さな
カビが2つほど点在していた。これを修理すると相場を超えてしまう可能性がある。
これが送られてきた理由と考えられた。でもこのカビ、肉眼では全く確認できない。
撮影することには支障がないのだ。もちろん気にする人もいるだろうが、知っていて
使用するならかえって安上がり。まぁお買い得といえるだろう。店頭に並べられて、
やはり数時間後には売れてしまった。ジャンクという名前を冠せられて、一度は底に
落ちてしまったカメラたち。ここから這い上がり、活躍してくれと願ってやまない。
FM2_b0016600_105999.jpg

AB+ (kissD X/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2009-10-28 10:59 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama