2009年 09月 16日 ( 1 )

525円で買うEOS

キヤノンといえばEOSだが、そのEOSシリーズのカメラが最初に発売されたのは、
昭和62年のことだった。月刊カメラマンという雑誌の読者インプレッション企画に
登場、テスト撮影をしたのだが、AFの気持ちよさと正確さに仰天した記憶がある。

この最初に出たモデルがEOS650だ。その数ヶ月後に上位機種の620、そして平成
元年には秒間5コマの連続撮影を可能にした630、そしてフラッグシップとなる 、
1が登場してシステムが確立されていく。で、平成2年に発売された10もそうだが
これらのカメラは1を除くと、ジャンクで最も買い得なカメラなのである。とはいえ
発売から長い年月が経過しているため、シヤッター幕に油が滲んでいることが多い。
こうなると修理ができないのだ。油が付いているといっても、ちゃんとシャッターは
作動している。ただ、長期的に考えればいずれ動かなくなる可能性はあるが・・・。

これが理由でジャンク店に並ぶのだが、さすがに古いので、なんと525円で買える。
考えようによっては、これはたいへん買い得といえるだろう。EOS用のレンズなんて
その辺にゴロゴロしているわけだから、安くカメラを始めるにはピッタリだと思う。
性能面でも、単純に写真を撮るということにおいては何のストレスもない。しかも、
現役当時かなり売れたカメラなので、数台から選ぶこともできる。この機会に一台、
使ってみると楽しめると思うのだが。スタイルは好みが分かれるだろうけど・・・。
525円で買うEOS_b0016600_831842.jpg

AB (1D MarkⅡ/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2009-09-16 08:04 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama