2009年 04月 21日 ( 1 )

活発講評会

恒例となった、動物園撮影ツアーの講評会を行いました。場所は旅行会社の会議室。
お客様の作品をテーブルに並べ、それらを見ながら解説・アドバイスしていきます。
活発な意見交換もあり、かなりの盛り上がり。皆さん素敵なシーンを見つけていて、
シャッターのタイミングもドンピシャでした。こういう場で最も多く話をするのは、
構図のことです。ほぼ完全に主観に基づいてしまうわけですが、「こうすると画面に
ムダがなくなるんですよ」などと説明させてもらうと、その効果を確実に感じ取って
もらえます。これは、やりがいがあるというものです。コンパクトデジカメでご参加
くださったお客様の作品には目を見張るものがありました。シヤッターのラグなど、
どうしても不利な面があるのですが、それを感じさせない見事な作品を拝見できて、
こちらが驚いてしまうことも。同じ条件でここまで撮れるかと、かなり疑問でした。
講評会は2時間でしたが、これがアッという間で、かなり充実していました。ずっと
しゃべりっぱなしでしたが、いつもながらこちらが学ぶべきものが多々ありました。

上野のエゾヒグマはかなり大きくなり、精悍な表情を見せてくれます。レンズを眺め
やや挑発的な表情を浮かべていました。近くで見ていると、そのデカさに驚きます。
活発講評会_b0016600_143419.jpg

AB (30D/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2009-04-21 01:43 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama