2004年 09月 26日 ( 6 )

ハンドサイン

「や!こんにちは。ちょっと写真撮らせてもらえないかな?」

○をくれました(勝手な解釈) で、パチリ。
ハンドサイン_b0016600_2147596.jpg

by keiji_takayama | 2004-09-26 21:45 | 多摩動物公園

オヤジ

さて、ウータンくんとお母さんが室内に戻った午後になると、
入れ替わりでとても大きな個体が表に出てきます。貫禄十分。
ほほの肉ひだが、成熟したオトナの男であることを主張しています。
このかたこそウータンくんのお父さん、イーバン氏であります。
出てくると一番高いところに登り、その日の状況を把握するかのごとく
周囲に厳しい視線を飛ばします。いつもはいない怪しい奴がいると、
このように警戒光線を思い切り発してくるのです。ひえ〜っ。
とりあえず許してもらえたようなので、写真撮らせてもらいました。
オヤジ_b0016600_18102663.jpg

by keiji_takayama | 2004-09-26 18:08 | 市川市動植物園

お気に入り

動物園に出掛ける回数が増えてくると、種ではなく個体そのものに
お気に入りが現れることが多々あります。このコもそう。
昨年9月に生まれたオランウータンの赤ちゃんで、名前もずばり
ウータンといいます。元気な男の子。
もう好奇心の塊がそのまま歩いているようなもので、見るもの触るものが
すべて新鮮なよう。元気に歩いて、登って、落ちています。
口に何かをくわえるのがとても好きなようで、ヨーグルトのカップや
干し草、枝などをどこかから探してくるのです。
市川市動植物園に出掛けるのはウータンくんに会いたいからと言っても
過言ではありません。運動場に出ているのは基本的に午前中だけなので、
本数の少ないバスに乗るために、ちょっと早起きすることもあったり(笑)
もうすぐ1歳の誕生日を迎えます。お近くの皆さん、是非会いに行ってみて。
お気に入り_b0016600_1151175.jpg
お気に入り_b0016600_1152327.jpg

動物園の動物達は、ヒトを見ることに慣れています。
つまり、こちらの気持ちがそのまま伝わるのだと思っています。
写真を撮るとなれば尚更で、撮影者側がきちんと向き合わなければ、
そしてそういう接し方をしなければ、応えてはくれないというのが持論です。
お気に入り_b0016600_1171016.jpg

by keiji_takayama | 2004-09-26 11:05 | 市川市動植物園

名誉回復

一時は「これってSARSの・・・だよね。」などと散々な言われ方を
されていたハクビシン。最近では名誉も回復し、「かわいいね」と
いう言葉も聞こえてくるようになりました。多摩動物公園にもいるのに、
何故かその姿をきちんと確認できたことが一度もありません。
市川市動植物園ではとても近い距離で会えるので、大きく撮れました。
名誉回復_b0016600_46479.jpg

by keiji_takayama | 2004-09-26 04:05 | 市川市動植物園

授乳

最初このシーンを見たときにはよく解らなかったのだけど、
これはカピバラの授乳シーンのようでした。初めて見たのです。
それにしても、お母さんのおっぱいが不思議なところにあるんだなぁ。

授乳_b0016600_3441649.jpg

by keiji_takayama | 2004-09-26 03:42 | 千葉市動物公園

出会いは突然に。

ハイイロリスのケージはどこからでも間近で見ることができます。
中では元気に動き回っている様子を楽しむことができるのですが、
一つの個体の動きをずっと追うのはなかなか難しいものがあります。
ただ、この白いコは身体の特徴がハッキリしているので見分けやすいです。
出会いは突然に。_b0016600_0514634.jpg

カメラを覗きながら「どのコを撮ってみようかな〜」と眺めていたら、
突然視界の飛び込んできたのがこのコでした。ビックリです。
たまたまレンズにマクロ機構が付いていたので、咄嗟にピント合わせて
シヤッターを切ったものです。でも、リスのほうもちょっと驚いてるみたい。
出会いは突然に。_b0016600_0535523.jpg

by keiji_takayama | 2004-09-26 00:52 | 江戸川区自然動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama