バッグ考

昨日、一脚を忘れて量販店に駆け込んだという話を書いたけど、その時に見たこと。
あるカメラバッグの新品が売られていた。数日前に、全く同じものが持ち込まれて、
査定したのを思い出した。ほとんど未使用に近い極上品だが、カメラバッグは消耗品
であるため中古の査定は当然低くなる。これがドンケやテンバといった外国産だと、
程度が悪くてもそれなりの相場を維持しているのだが、国内モノはそうはいかない。
ただし、これは品物が良いとか悪いとかいう話とは全く別のことだ。話が逸れたが、
そのバッグを査定し翌日には店頭に並んだわけだが、これが即売れてしまったのだ。
すぐ売れるということは、つまりは安すぎたということになるわけで。キレイだし、
使ってもいいかなと思っていたので、ちょっと悔しくて覚えていた。で、量販店での
販売価格を見て驚いたのだ。新品が思っていたより高かった。これがあの価格かよ、
という感触である。これならカメラバッグは中古が狙い目、と断言できそうだ(笑)。
ただし、ウチは中古の予約とか一切やってないので、すべてタイミング次第だけど。
バッグ考_b0016600_2191099.jpg

AB (30D/Ai Nikkor ED 400mmf3.5+TC-14B)
by keiji_takayama | 2008-11-06 02:19 | 富士サファリパーク

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama