厳しい・・・

ズーラシアはもともと撮影難易度が高くて、負のタイミングにハマると修正が厳しいです。
なかでもそれを強く感じるのが、フランソワルトン。隣にいるドゥクラングールやダスキー
ルトンはそれなりに撮ったことがあるのですが、フランソワルトンはここにも数回だけしか
載せたことがありません。一定の場所での滞在時間がたいへんに短いため、レンズを向けて
からシヤッターを切るまでの時間を短くしないと、なかなか捉えきれないのです。実際には
それでもかなり立ち寄っていて写真も撮ってますが、こんどは暗いとか背景が妙に明るい、
といった条件が加わるので、ボツになる確立がとても高くなります。この横顔は、全ボツに
なった前回にも撮りましたが、とても見せられない結果に終わりました。そういう意味では
何とか形になったのは良かったな。こうして少しずつ、カットを増やしていければ・・・。
厳しい・・・_b0016600_1028108.jpg

AB− (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2007-09-20 10:19 | ズーラシア

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama