苦笑

訳あって、昔ここに載せた写真をいろいろチェックしています。写真のレベルで言うなら
どうしようもないなというのが正直な感想です。よくこんなの載せたなとか、見て思わず
恥ずかしくなるようなものを、平気で掲載しているんですね。撮るというより、選ぶ眼。
これが足りてないと実感できます。で、当時はAと思っていたカットも、どうしてこれを
そう決めたのか、ちょっと考えてしまうほど。今見てもこれはいいと思えるのは、わずか
にすぎませんでした。言い換えれば、それなりにレベルアップしているともいえますが、
懐かしさと同時にどこか残念な気分もあります。でも、思っていた以上に楽しめたのが、
引きで撮った面白シーンだったんですね。結局こういうほうが強いのかなと、苦笑です。

さて。ここに載せたウンピョウのカットは、ほぼ同じ状況でタテヨコ撮影したものです。
大きいので、レンズには三脚座が装備されています。これを一脚に取り付けて撮影する、
のがいつものパターンなのですが、このとき三脚座のネジは緩めてます。いちいちネジを
回していると時間のロスなので、カメラをクルクル回転できるようにしておくんですね。
力を入れ誤ると撮影時に回るので注意が必要ですが、慣れてくるとなかなか楽しめます。
苦笑_b0016600_1084326.jpg

苦笑_b0016600_1085369.jpg

AB (30D/EF600mmf4L+エクステンダー1.4×)
by keiji_takayama | 2007-09-13 10:09 | ズーラシア

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30