投げキッス

時刻は午後4時を過ぎていました。そろそろ閉園ですという係員さんの案内も
あったので、レンズ抱えて出口に向かっていました。いつも写真を撮ることの
ないボウシテナガザルのところを、いつもと同じように通り過ぎようとしたら。
背景にある建物に西日が差し込んでいました。建物の色がレンガ色だったので、
即座にこれは赤バックになるぞと判断、そのまま早足で近付いて撮影しました。
いい位置にいてくれたという運も手伝い、初めてここに掲載できました。たぶん
動物園系ブログでも、これを載せるのは初めてではないかなぁ。手のポーズは、
たぶん間違いなく違うけれど、投げキッスをしてくれているとしか思えなくて。
そういえば、もうすぐバレンタイン。でもその前に、また一つ年を取るのです。
b0016600_2402615.jpg

(20D/EF600mmf4L)
Commented by 雪猫 at 2006-02-01 12:04 x
グラビアアイドルですねーおもいっきり!!この表情、この仕草、かわいさアピール爆です。
「一番セクシーなポーズをとって下さい。」とお願いしたらこんな感じかな!?
動物とは思えないような…。keijiさん!好かれてしまってませんか?このコに!?
Commented by ryonouske at 2006-02-01 12:59
この瞬間をファインダー越しにみられるなんて(^^)撮りながら胸が高鳴りませんでした??私だったら興奮しそ~・・・まだ帰ちゃいや~って・・・甘えているかのようにも見えてきます。
Commented by xxpandaxx at 2006-02-01 13:15
愛コンタクト♪
クリクリの瞳がウルウルしてて ギュとしたいわぁ♪
投げキッスは誕生日が近いkeijiさんへのプレゼント?(^▽^*)
Commented by keiji_takayama at 2006-02-02 00:09
☆ 雪猫さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
このポーズは撮影のためにやってくれたわけではないのですが、
まさにアイドルの振り付けみたいでしたよ。最初に構えた位置は
ちょっとイマイチでしたが、大げさに移動したらどこかに行って
しまいそうだったので、ゆっくりと横に動いて撮影したものです。
それにしてもフォトジェニックでした。瞳が大きい動物たちは、
撮影していて素敵だなぁと単純に思えます。好かれたのかな?
Commented by keiji_takayama at 2006-02-02 00:09
☆ ryonouske さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
あっと気付いてカメラを構え、ファインダーを覗いた瞬間・・・。
心の中で快哉を挙げていました。ほぼ目で見て予想した通りの、
シチュエーションになっていたからです。背景はこの赤一色しか
考えていませんでしたので、ドンピシャでした。とはいえ、最初は
位置取りがイマイチ。撮影しながらちょっとずつ微調整しています。
時間もあまりなかったけれど、素晴らしいシーンを演出してくれた
このコにホント感謝です。撮影後はもちろん、お礼を伝えてきました。
Commented by keiji_takayama at 2006-02-02 00:10
☆ xxpandaxxさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
クリクリの瞳、撮影していてもっとも印象的だったところです。
撮っていいよとばかりにポーズを作ってくれたのかな。勝手ながら
そう感じてしまうほどでした。一対一だったし、遊んでくれたのかも。
投げキッスはプレゼントだったのかな。いいものもらっちゃいました。
Commented by Aki at 2006-02-02 00:12 x
無敵のキメポーズ!(笑)
そのままバレンタインデーのポスターになってしまいそう。
何気に手がミトンの手袋みたいで、今の季節にピッタリですね。
Commented by keiji_takayama at 2006-02-02 10:20
☆Akiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
あはは、バレンタインのポスターとはいいアイディアですね。
どっかの広告代理店の目に留まるといいんだけどね・・・(笑)
手の部分をもうちょっと多く入れたカットもあるのですが、
これは全体的なバランスがイマイチだったので、不掲載に
なってしまいました。こういうボツカットもどこかで発表
できるといいのだけど、どうも踏ん切りがつかないのです。
by keiji_takayama | 2006-02-01 02:40 | ズーラシア | Comments(8)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama