8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸

第十回:三五兵工(十三歳/中野)-小豆丸(九歳/長岡)

「この一番は絶対に目を離さないで下さいね」と解説の松田さん。
「火花の出るような闘いを想定しています」これは好取組です。
さて、小豆丸がまず入場です。入ってくるなり掘る掘る掘る !
角で土を耕し、前足で土を蹴り上げる ! そして掘りながら前進だ !
この闘牛で唯一となる、赤い地体に黒い毛、「虎毛牛」なのです。
FMながおかの佐野さん「牛でも虎毛、ということですね」まさに。
この小豆丸は、新宅赤パンダとはまた別の意味で注目しています。
そりゃなんたって、虎ですから。
動物園で写真を撮るとき、最も気合が入る動物の一つなのです。
何度か見ていますが、こちらの「虎」もカッコいいですよ。
闘い方も潔くて素晴らしい。そして、とても解りやすいんですね。
今日はどんな姿を見せてくれるのか、多いに期待したいところです。
そして三五兵工が堂々と、ゆっくり入ります。こちらも掘ってる !
三五兵工は角の太さが特徴です。ビックリするほどの太さです。
松田さん「さぁ最初から目を離さないでくださいね」これは大切です。

そしていよいよ、綱が放たれました。
まずはそれぞれが考えます。顔を近付けたあと、小豆丸が右から一発。
もう駆け引きが始まっています。今度は逆に三五兵工だ !
小豆丸は角を振って、三五兵工の額を痛めつけてから前に出たい。
しかし三五兵工は大きな太い角を使い、小豆丸の角を仕掛けて返したい。
ときどき小豆丸が顔を外します。やや距離を作ろうとするようにも。
やりにくさを感じているのかもしれません。思い通りにいかない。
それでも立ち向かっていきます。角のぶつかる音が聞こえます。
勢子も盛んに声を出しています。
小豆丸は仕掛けたいのですが、その隙が三五兵工にない状況です。
いつもの小豆丸とはやや異なる展開。
三五兵工に力がある、これを小豆丸はすでに判断しています。
そのため、「本当に隙を見つけた時だけ飛び込もう」という戦略。
しかし、その隙が見つからない。
ゴツン ! 客席にいても、角のぶつかる音がハッキリと聞こえます。
三五兵工、今度は左角で一発叩きました。
そして場内盛り上がる。三五兵工が出るも、小豆丸は切り返す。
双方ともあまり余裕が持てず、体を柔らかく使わずにいます。
 ドンッ !
小豆丸は攻めますが、三五兵工は全くそれに動じません。
「いい一発が入った、手応えもあった。でも相手は怯まない。何故だ。」
そしてまた考えます。小豆丸のこういう展開は初めて見たような気も。
小豆丸は回ろうとしますが、三五兵工は常に動きます。
そうして、小豆丸を常に自分の正面に置こうとするのです。
これでなおさら、小豆丸は飛び込めない。さすがにやりにくそう。
勢子はずっと声を出し続けます。
ガツン ! またしても、すごい音が響きました。
三五兵工はタイミングを逃さず、小豆丸の攻めを一つずつ止めます。
ここで勢子が入り、両牛を分けようとしました。
両牛とも声を出し、まだ闘っているよう。小豆丸はなかなか止まらない。
それでも勢子が上手く鼻を取りました。引き分けです。

終了しましたが、牛同士はまだ収まらない様子。
無理をかけないために引き分けましたが、牛は面白くありません。
「まだ自分の力が出せたのに ! ! 」
というわけで、声を出して相手と闘っています。
この時、三五兵工は土手で激しいまま掘りを見せていました。
気合の入った一戦。どちらも見せ場はちゃんと作ってくれました。

※動画は山古志闘牛会のYouTubeチャンネルで。登録もお願いします。
※記事作成にあたり、MC勢子・松田さんの解説を参考にしています。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_048513.jpg

↑左、小豆丸。右、三五兵工。角の大きさが比較できます。三五兵工、すげぇ。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_0495482.jpg

↑ファーストコンタクトは小豆丸。ちょこんと角を合わせました。様子見かな ?
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_0503336.jpg

↑三五兵工の角が当たったのかと思いきや、小豆丸がキスしてるみたいだ。。。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_0515124.jpg

↑小豆丸がこういう感じで攻撃を受けるのは、かなり珍しいと思います。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_0524439.jpg

↑三五兵工の、頭のてっぺんに角を合わせる小豆丸。やっぱりカッコいい。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_0535749.jpg

↑睨み合う両牛。どちらも気合が入ってます。角でコミュニケーションかも。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_0554640.jpg

↑頭を低くして攻撃を加える小豆丸。三五兵工もよく見ています。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_0564988.jpg

↑角を絡める小豆丸。それにしても、三五兵工の角はぶっといなぁ。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_0572127.jpg

↑表情が対照的。小豆丸はちょっと驚いているようにも見えますね。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_0583236.jpg

↑押される小豆丸。しかしこのあと、見事に体勢を立て直して向き合いました。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_059220.jpg

↑これは小豆丸の一発。三五兵工の表情がいきなり険しくなりました。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_0594118.jpg

↑この太い角で、小豆丸の攻撃は悉く止められてしまいます。これは悔しい。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_112441.jpg

↑三五兵工のほうが、気持ちが乗っているようにも。小豆丸は困ってるかな。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_121139.jpg

↑三五兵工の右フックは手強い。小豆丸も臨戦態勢に入りました。
8/15 山古志闘牛 三五兵工-小豆丸_b0016600_133051.jpg

↑最後までこんな感じ。小豆丸は三五兵工対策を学んだようにも。
(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
by keiji_takayama | 2020-09-05 01:05 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama