8/2 山古志闘牛 文平-子龍

第三回:文平(四歳/虫亀)-子龍(三歳/山古志)

今場所は取組の変更がありました。
もともとは「第二回」として長介-子龍の一番が組まれていたのですが、
長介の体調不良により、取り組みが消滅、第三回として「文平-子龍」と
なりました。文平、子龍の順に入場。速くも頭を合わせて、取組開始。

両牛とも赤牛ですが、引いている綱の色で見分けることができます。
白が文平、緑が子龍です。文平のほうが一つ年上になります。
勢子が声を掛けます。子龍が文平の胸を借りる展開になるわけです。
子龍、一生懸命横に回って押し込みます。
これに対して文平、首を出して(首をあずけて)子龍の攻めを受け止めます。
「さぁ、お前やってみろよ」そんな感じです。
文平は子龍の攻めを受け止めた後、自分の角を使います。
まるで子龍に教えているかのようです。
文平、左角で子龍の右角を掛けました。続いて右角を掛けて前に出ます。
しかし、文平は決して本気になっているわけではありません。
年下の子龍に「こうやるんだよ」と教えているように見えます。
若い子龍はこういう経験をすることによって成長する、そんな取組です。
子龍は馬力の出る、素晴らしい体をしています。
文平が角を掛けても、それを無理矢理下から掬い上げて前に出ます。
これを文平、体を柔らかく使って受けます。心に余裕があるのです。
子龍は絶えず動いており、文平がこれを受けて教育する、確かにそんな
雰囲気がありました。練習試合のようですが、これが数年経過すると、
こうして残しておくことが意味を持つようになります。次も頑張れ。

取組が終わっても、両牛は相手から目を離しませんでした。立派です。
拍手に包まれて、文平、子龍の順に引き上げました。

※動画は山古志闘牛会のYouTubeチャンネルで。登録もお願いします。
※記事作成にあたり、MC勢子・松田さんの解説を参考にしています。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_154170.jpg

↑左、子龍。右、文平。引かれている綱の色で見分けることができます。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_163854.jpg

↑開始直後。子龍は早くも顔を横に向けています。文平は頭を下げました。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_175577.jpg

↑やる気満々の子龍。まずは元気なところを文平にアピール ? 角を当てます。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_184899.jpg

↑頭を合わせました。手前にいるのが子龍です。このあとどうなる ?
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_195045.jpg

↑両牛ともいい表情を見せます。文平が子龍に角を当てているようです。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_1104399.jpg

↑横に回って押し込もうとするのは子龍。文平はこれを受けています。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_1113992.jpg

↑再び横に入ろうという子龍。文平の表情からは、まだまだ余裕が感じられます。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_1132458.jpg

↑子龍のすごい表情。文平の角がちょっと痛かったかも。でも、我慢しました。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_11483.jpg

↑若牛らしく、元気に向かって行く子龍。文平の足の踏ん張りにも注目です。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_1152629.jpg

↑いい睨み合い。綱が付いているとはいえ、目力を感じるシーンです。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_1164470.jpg

↑時間いっぱいまで、自分の持っているものを出し切ろうという気概を感じます。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_1172829.jpg

↑教える側の文平も、けっこう痛い思いはしてるかも。先生役もたいへんです。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_118793.jpg

↑こちらは文平。「ほほう、いい当たりしてるじゃないか」などと思ってたりして。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_1191791.jpg

↑なにやら白いものが弾け飛んでます。あっ ! 、これ子龍の角の破片かも。。。
8/2 山古志闘牛 文平-子龍_b0016600_120205.jpg

↑子龍、終了間際のハイライト。気合で文平に突っ込んでいきました。
(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
by keiji_takayama | 2020-08-10 01:21 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama