7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者

第三回:柿乃花威風堂々(三歳/岩手)-赤武者(三歳/山古志)

受付を済ませて闘牛場に向かおうとする際、取組表が配られます。
そこで、ふと目に留まった名前がありました。それが柿乃花威風堂々。
なんとも面白い名前です。しかも、一大勢力を誇る「柿乃花」が冠。
さて、どんな牛なんだろう。そんなことを考えていました。

場所が始まると、その答えがすぐにわかりました。
この牛、初場所と先場所にも出場していた「玄徳」なのです。
今場所から「柿乃花軍団」入り、威風堂々を名乗ることになりました。
それにしても不思議なもので、「柿乃花」が付くと逞しく見えます。
先に柿乃花威風堂々、赤武者があとから入ってきました。
黒牛が柿乃花威風堂々、赤牛は赤武者です。取組が始まりました。

若い牛らしく、足の動きが早い両牛。
ボクシングで言うとフットワークを使いながら、頭を合わせました。
赤武者、まずは押し込みます。柿乃花威風堂々、落ち着いて受けてます。
前の席の夫婦は、すっかり闘牛の魅力に嵌まっているようです。
「すごーい」「わぁぁぁ」などと話しています。とても楽しそう。
柿乃花威風堂々は、三年ほど前に引退した「黒龍」を彷彿とさせます。
黒くて大きな牛でした。スケールの大きな動きがダブって見えます。
赤武者は正面から押すのがたいへんだと思ったか、横に回ります。
若い牛とはいえ、体重は700キロほどもありますから、正面は厳しい。
そこで、横に回ってなんとか押し込もうとするのです。
小さな女の子による「ぐぁんばれぇ ! 」という大きな声援が届きました。
赤武者は横に回ろうとしますが、柿乃花威風堂々は首を使います。
首を柔らかく使って、横に回らせないように付いていきます。
若い牛が、自分の良さを出しながら頭を合わせる。今後が楽しみです。
「わぁぁぁぁ」「すごーい」客席が盛り上がります。
そして、勢子の声が大きくなってきました。
赤武者が一生懸命押し込みます。柿乃花威風堂々、柔らかく受けます。
ガンッという音。柿乃花威風堂々が柵に当たってしまいました。
しかし、全く驚きません。肝っ玉が太いです。
「いけいけいけ ! 」客席も興奮気味です。とてもよく動きました。
そして勢子の判断により、両牛引き分けとなりました。

取組は終わりましたが、両牛はまだお互いから目を離しません。
まだまだやりたいのかもしれません。
一番一番、こうして若い牛は成長していきます。
その姿を見るのも、牛の角突きの醍醐味、楽しさの一つなのです。
赤武者、柿乃花威風堂々の順に引き上げです。
牛持ちの柿乃花さん、「将来大物になるよ」と仰っていました。

※動画は山古志闘牛会のYouTubeチャンネルで。登録もお願いします。
※記事作成にあたり、MC勢子・松田さんの解説を参考にしています。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_1021690.jpg

↑左、赤武者。右、柿乃花威風堂々。それぞれの角が相手にヒットしています。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_10214144.jpg

↑開始直後。柿乃花威風堂々がちょっと考えます。赤武者は「やらないの?」な感じ。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_10224158.jpg

↑頭を合わせました。砂埃が舞います。若い牛とはいえ、迫力のあるシーン。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_10232589.jpg

↑どちらかというと、赤武者のほうが積極的に仕掛けていた印象がありました。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_10241276.jpg

↑柿乃花威風堂々、うまい攻撃。赤武者、これはちょっと痛かったかも。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_10255100.jpg

↑力が入っているようにも、ちょっと驚いたようにも見える柿乃花威風堂々。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_10266100.jpg

↑横に回って押し込もうとするのは赤武者。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_10263774.jpg

↑正面から当たっていく赤武者。泥が跳ね上がりました。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_10271841.jpg

↑赤武者の押し込みを、首を柔らかく使って対応する柿乃花威風堂々。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_1028155.jpg

↑赤武者の角が柿乃花威風堂々の目元付近に。でも、目は開けたままです。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_10285253.jpg

↑赤武者は横から回ろうとしますが、柿乃花威風堂々は澄ました顔です。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_10293072.jpg

↑首に入られて、「あっ」という感じの柿乃花威風堂々。目元はまだあどけないです。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_10302364.jpg

↑赤武者、とにかく押そう押そうとします。柿乃花威風堂々は首を使って対応。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_1031229.jpg

↑赤武者、ヒヤリ。さすがにちょっと驚いた表情を見せました。
7/24 山古志闘牛 柿乃花威風堂々-赤武者_b0016600_10331772.jpg

↑綱を引っ張り、勢子が分けました。赤武者、「あら ? 」な感じです。
(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
by keiji_takayama | 2020-07-27 10:34 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama