6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ

第四回:龍勢(六歳/秩父)-新宅赤パンダ(六歳/梶金)

さあ、ちょっと早いけど前半最も注目の一番です。
なぜかというと、新宅赤パンダが推し牛だからです(笑)
名前の通り、顔に大きな白い模様が入っています。
先に堂々の入場。隣のおじさんが楽しそうに笑っています。
続いて龍勢が入りました。
新宅赤パンダは大きな声を出し、龍勢は地面を掘る仕草を見せます。
両牛とも闘争本能を出し、やる気満々の様子です。

さぁ、取組開始。
いきなりぶつかり音が聞こえ、場内がどよめきました。
新宅赤パンダが一発仕掛けましたが、龍勢は落ち着いて受け止めます。
またしてもぶつかり音。客席のどよめき。
新宅赤パンダは距離を置いて、どこか龍勢に隙がないかと伺っています。
龍勢はこれを受け止めている展開。
勢子が大きな声を出して、両牛を鼓舞しています。
これまでのところ、あまり大きな動きはありません。
双方が、大きく動くと必ず隙が生じてしまうのを察知しているのです。
馬力で無理矢理仕掛けると、角が外れたときに攻撃を受けてしまう。
従って、相手に隙を与えないよう、慎重に動いています。
この間にも、一度角のぶつかる音がして場内が盛り上がりました。
動きは慎重ですが、そうしながらも相手の隙をどう狙うか考えています。
その隙があったときの速さ、瞬発力。静から動に切り替わる速さ。
このあたりも見どころの一つになるでしょう。
勢子が盛んに声を掛けています。
どちらの牛も仕掛けたい、攻めたい。でも迂闊には飛び込めない。
タイミングを見計らっています。
若い牛同士ですが、どうやって攻めるか、隙を見つけるか、駆け引きを
行っています。でも、ムチャをすれば自分が切り替えされる。
相手が仕掛けてくるのを、どちらも待っているのかもしれません。
龍勢は少し柵を背にしながらという位置。
新宅赤パンダが仕掛けようかというところ、龍勢は掛け技を狙う。
そろそろ時間いっぱいになり、勢子が走る音が聞こえてきます。
ここでも何度か、ぶつかり音が響きます。
隣のおじさんが「すっげぇ。。。」と感心しています。
双方の綱が伸び、場内からは大きな拍手が贈られました。

そして取組後の場内引き回し。
移動制限がようやく解除になり、龍製は牛持ちさんが埼玉から。
新宅赤パンダは、ご主人と小学校2年生の息子さんが引いています。
堂々と一人で牛を引く姿はとても立派で、拍手が大きくなりました。

多少新宅赤パンダ目線での話になりますが、左角の使い方がいっそう
上手になった印象があります。前回の取組でもちょくちょく使っては
いましたが、今回はその命中率がグッと高まったように感じました。
的確に当てているような気もします。ボクシングの世界ではこれを、
「左を制する者は世界を制す」と言われます。赤パンダ、頑張れ〜。

※記事作成にあたり、MC勢子・松田さんの解説を参考にしています。
※YouTubeで動画配信されています。チャンネル登録もお願いします。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_23953.jpg

↑ファーストコンタクト。赤パンダ、「おや?」という表情です(笑)
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_2310472.jpg

↑低く構えて龍勢と対峙します。太い角は、攻撃にも防御にも有効です。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_23105735.jpg

↑角の先端は尖っているので、ちょっと当てるだけでも痛そう。龍勢はタフです。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_23114686.jpg

↑砂埃が舞う。龍勢の攻撃を防いだシーンでしょうか。両牛の目線も鋭いですね。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_23124719.jpg

↑がっぷり組みました。この角度で見ると、新宅赤パンダの角の大きさがわかります。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_23133999.jpg

↑赤パンダ目線からの龍勢。すごい圧力を感じます。気圧されない赤パンダも立派。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_23142674.jpg

↑龍勢はさすがに経験を積んでます。赤パンダの角の下から狙ってきます。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_23151311.jpg

↑赤パンダの顔の形が変わってしまうほどの力です。龍勢も気合が入ってます。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_2316428.jpg

↑赤パンダの強い表情。何かしら、スイッチが入ったような印象を受けました。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_23165574.jpg

↑お互いが相手の隙を伺っているようです。どちらの表情も真剣そのもの。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_23173899.jpg

↑柵近くでの両牛。アップで狙うと凄みが伝わってくるようです。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_23183079.jpg

↑前回も見せた、横からの角攻撃。これにはさすがの龍勢もビックリの表情 ?
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_23192442.jpg

↑左の角を的確に当てていきます。このシーンは何度か見られました。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_2320367.jpg

↑終了間際の一発。力の入った表情も、見せてくれました。
6/21 山古志闘牛 龍勢-新宅赤パンダ_b0016600_2321516.jpg

↑勢子が分ける直前のシーン。キラキラ輝く両牛、今年も注目株です。
(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
by keiji_takayama | 2020-06-25 23:21 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama