6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長

第一回:玄徳(三歳/山古志)-雲長(三歳/山古志)

2020年初場所。最初の一番は、若い黒牛同士の角突きです。
まだ闘牛場にも慣れていないので、鼻に綱を付けての対戦となります。
これがだんだん大きくなっていくと、この綱を取って闘うのです。
先に入場の牛が玄徳、後から入ってきたのが雲長です。
元気よく、飛び跳ねてのパフォーマンスを見せてくれます。
しかし、両方とも黒牛です。これはなかなか見分けがつきません。
写真をすべて見たのち、両耳に付いているタグの番号で判別しました。
「35」「2480」は玄徳、「125」「24825」が雲長です。

まずは雲長が横に回り込みながら、押し込みます。
これを玄徳が、首を出すようにして受け止めました。
そして雲長の攻めが外れたところを、玄徳が仕掛けます。
若い牛は、大勢のお客さんの目の前で対戦する機会に乏しいです。
闘牛場、お客さん、そして勢子に慣れていく、こういう経験を積みながら
成長していきます。動きが目まぐるしく、今度は雲長が押し込みます。
これを玄徳が切り返して押しますが、また雲長が押さえて出ようとする。
しかしそれをまた玄徳が馬力で押し込みます。
場内からは、「おおおおお」という声が挙がりました。
まだ若いので動きが速い。足を一生懸命動かして対戦しています。
この両牛はおそらく650kgほど。将来的には1トン近くになるでしょう。

だんだんと両牛が会場の雰囲気に慣れてきたのでしょうか。
両牛がそれぞれの力を出そうとします。
雲長が押し込む、しかし玄徳は馬力で前に出ようとします。
荒い鼻息が聞こえてきます。ともに一生懸命、力を出しているのです。
なんとか雲長は押し込みたい、しかし玄徳はうまく切り返します。
続いて今度は玄徳が押し込みますが、雲長も上手く柵際の土手を使い、
場所の中央に戻ってきました。玄徳が雲長の首、横に入って押し込む。
そこで勢子の判断で引き分けにしました。
闘いが終わったあとも、玄徳は元気に走り回っています。

第一回目から気合の入った、攻防のある角突きが展開されました。
なんとなくではありますが、時間も長かったように感じたのです。
今から思うと、最初のこの対戦が、次に出てくる牛たちに何らかの
起爆剤を与えた、そんな気もします。若さ溢れる角突きになりました。

※記事作成にあたり、MC勢子・松田さんの解説を参考にしています。
※YouTubeで動画配信されています。チャンネル登録もお願いします。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_22592373.jpg

↑左が雲長。ポーカーフェイスが美しい。牛の三歳は人間だと中学生くらい。美少年 ?
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_2313085.jpg

↑下から角を当てる、玄徳の見事なシーン。これはちょっと痛そうだ。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_2323342.jpg

↑前足を屈めて、なおも攻撃を続けようという玄徳。表情にも注目ですね。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_2333259.jpg

↑こちらは雲長の攻撃を受け、押されそうになる玄徳。まだ目線には余裕が。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_2342348.jpg

↑両牛しっかりと睨み合います。やっぱり雲長は美形だと思う。。。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_2351438.jpg

↑相手をしっかりと見据えて、次の策を練っている ? 手前が雲長です。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_2362816.jpg

↑頭を低くして、向かって行きます。若いけれど、闘志は負けないよ。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_238265.jpg

↑やっぱり雲長は美少年だ ! 睫毛が長くてビックリ。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_2392632.jpg

↑玄徳、目力にちょっと怯んだ ? 「うっ。」という表情を見せました。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_23122872.jpg

↑と思ったら、下からの攻撃を受けてちょっとビックリした ?
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_2313195.jpg

↑綱が付けられているとはいえ、表情は真剣そのものです。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_2314588.jpg

↑両牛の目が真っ赤に充血しています。気合入ってるなぁ。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_23152066.jpg

↑うわっ、これは痛そうだ。。。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_23155494.jpg

↑雲長の攻撃。これまた、なんとも絶妙なところに命中。。。
6/21 山古志闘牛 玄徳-雲長_b0016600_23165676.jpg

↑玄徳も真剣な表情で、受け止めていました。今後も楽しみな二頭です。
(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
by keiji_takayama | 2020-06-22 23:17 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama