10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号

取組前、「勢子が牛の足にどうやって綱を掛けるのか」実演が行われました。
とても解りやすく、客席からは納得の「あ〜」という声が多数聞こえます。
モデルは山古志角突き女子部、部長の森山さん。大きな拍手が送られました。

第九回:彦内(十二歳/山古志)-魚沼号(十歳/東京)

彦内の牛持ちは、衆議院議員の泉田裕彦さんです。
「闘牛を盛り上げるために、牛を一頭持ちたい」ということで、オーナーに
なったそうです。来月は千秋楽。ブナの木もキレイに色付くことでしょう。
まずは、拍手と共に魚沼号が入ってきました。
角の形は「素晴らしい」というわけではないけれど、鼻や体など全部を使い、
素晴らしい闘いを見せてくれます。そして彦内の登場。ゲートの閉まる音。
赤牛が彦内、黒牛が魚沼号です。

取組開始。
早速「よしたー」の声が場内に響きます。
双方がまずは相手の出方を伺いながら、頭を合わせます。
彦内が下から角を使って、魚沼号の目のあたりを狙います。
それを魚沼号が嫌がる素振りを見せると、横に、魚沼号の首に入ります。
ところが、魚沼号は首に入られても慌てません。
ぶつかる音。
彦内が仕掛けようとしたところ、魚沼号は鼻を使って彦内の顔を横に押し、
飛び込もうとしました。角だけでなく体全体を使い、相手に挑むわけです。
グーッグーッという息づかい。両牛の力が入っている証拠です。
勢子の声が大きくなりました。たくさんの勢子が声を出しているようです。
彦内が仕掛けようとして魚沼号が返す、それをまた彦内が返す。
シャッター音すごいな。カメラを持った皆さんも、気合が入っています。
ええ、その中の一人なんですけど。
彦内が前に出ている角を使い、右左と仕掛けます。
魚沼号はこれをなんとか外し、鼻で彦内の顔を横に向けさせたい。
そして自分が飛び込んでいきたい。しかし彦内はそれを許しません。
何度か、ぶつかる音が聞こえてきます。かなり激しそうです。
勢子の声は途切れません。常に誰かが牛を鼓舞しています。
そして客席がざわめく。「よーしこい ! 」勢子の声。大きな拍手。
両牛が分けられました。
魚沼号、彦内の順に引き上げ。場内は拍手で牛と勢子を称えました。

解説に「相手の出方を伺いながら頭を合わせる」とありましたが、
まさにそうでした。双方とも、様子見の表情を見せています。
組ませるために寄っていた勢子が離れると、魚沼号の表情が変わりました。
これに彦内が対応します。彦内の角には、歴戦の証が刻まれています。
続いて体勢が入れ替わりました。頭を合わせて押し合いのようです。
頭を低くして闘う両牛。彦内の睨みがだんだんと強くなってきました。
このあたりのクラスになると、やられるときっちり返します。
魚沼号の突進に、彦内がたじろぐようなところもありました。
そして魚沼号の角にも、歴戦の証がちゃんと刻まれているのです。
中盤から終盤にかけても、お互いが頭を付けての展開が目立ちました。
それぞれがちゃんと見せ場を作ってくれるので、惹き込まれます。
最後の最後まで攻撃の手を緩めない彦内、とても立派でした。

しかし、彦内はこの取組で角の付け根あたりを負傷しました。
写真で見るとけっこう痛々しいのですが、表情は落ち着いています。
とても強い。声一つ出しませんでした。
でも治療にはそこそこ時間がかかるだろう、この時はそう思ってました。
※記事作成にあたり、MC勢子・松田さんの解説を参考にしています。

10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11214212.jpg

↑左:魚沼号、右:彦内です。頭をぶつけ合い、真剣な眼差しで相手を睨みます。
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_112398.jpg

↑開始直後はこの体勢でした。魚沼号は最初からやる気満々の様子です。
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11244596.jpg

↑彦内はちょっと様子見でしょうか。落ち着いた視線を魚沼号に投げています。
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11254214.jpg

↑がっちり組みました。彦内の角は、なんだかんだで大きいです。
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11262968.jpg

↑両牛の表情が対称的。ここは年上の彦内が状況を握っているようです。
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11275246.jpg

↑「さぁいくぞ ! 」魚沼号は足を広げて防御の姿勢 ?
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11285247.jpg

↑彦内の角が、魚沼号の顔に。でも、魚沼号は表情を変えませんでした。
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11314158.jpg

↑角がかち合います。魚沼号の足の幅が少し縮まりました。
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11321578.jpg

↑さっきのお返しとばかり、今度は魚沼号が突っ込んできました。彦内はビックリ ?
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11331581.jpg

↑彦内の表情がすごい。迫力のあるシーンでした。
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11335825.jpg

↑彦内、助走をつけてのアタック( ? )これには魚沼号もちょっと狼狽えた( ? )
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11362688.jpg

↑なんとなくだけど、彦内が魚沼号に何か話しかけてるような気がする。。。
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11372138.jpg

↑そして再び、ぶつかります。彦内の表情、まだすごいです。
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_1140629.jpg

↑頭と頭、というより体同士でぶつかっています。それにしても低く構えるなぁ。
10/23 山古志闘牛 彦内-魚沼号_b0016600_11411688.jpg

↑勢子が分け始める直前、彦内の角が魚沼号を捉えました。
(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
by keiji_takayama | 2019-11-08 11:42 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama