10/23 山古志闘牛 響-若黒

10月23日の闘牛は、「震災十五年復興祈念」と名付けられました。
新潟県中越地震から15年。特別場所ということなので、組まれる
対戦も少なめだと思っていました。ところが、10組が予定され、
最近とても元気な新宅が結びで登場。結局行ってしまいました。

国、県、市の議員など、来賓も多数が山古志闘牛場を訪れました。
勢子により取組が正式決定、いよいよ開始ですね。今回も楽しみ。

第一回:響(三歳/新潟)-若黒(二歳/山古志)

先に入場は響、後から若黒が入ってきました。
両牛元気に飛び跳ねての入場です、客席からは「喜んでるみたい。」
若黒はまだ二歳ですが、そこそこ出番も増えてきました。
牛の大きさを見ると一目瞭然ですが、小さい方が若黒です。
二歳というと、人間で言えば小学生くらいですね。
響は三歳。人間で言えば中学生くらいになります。
ただ、響は今年随分と大きくなりました。三歳でも大きい類です。

若黒は真っ正面から攻撃しても大きさが違いすぎて押せないので、
横から回り込んで押そう押そうとしています。若牛の大きな仕事、
それは闘牛場に慣れることです。そのため、相手にも綱を付けて、
安心させます。この場が怖くないことを学んでいくわけですね。
若黒は一生懸命、横から押しています。響はもうこの時点で、
自分が年上だということを解っています。本気にはなりません。
首を出して、「さぁ若いの、俺を押してみろよ。」そんな感じ。
響の素晴らしいところは、若い牛に対してムキにならないところ。
こういう牛は、大器晩成型の牛になっていくことが多いです。
若黒はまだ一生懸命押しています。ただ、響は全く慌てません。
体を柔らかく使います。心に余裕があるからこれができるのです。
こうして若い牛たちは、会場に慣れながら成長していきます。
そして、勢子の判断で引き分けになりました。拍手が送られます。
この牛たちが本当の力を出してくれるのは三、四年先でしょう。
でもそうやってくれるまで、待ちながら育てていきたいです。
双方の綱が伸びました。響、若黒の順に引き上げていきました。

開始早々から、若黒は積極的に響の横に回って押しています。
このシーンはとても印象に残っていて、ぐるぐると回るような展開。
でも写真を見返してみたら、押すだけじゃなくて攻撃もしてました。
角が響の体に刺さっているんですね。小学生ながら的確です。
響は最初様子見でしたが、頭を合わせたあたりから応戦しているよう。
双方の角がクロスカウンター気味に交錯しているシーンもありました。
それにしても、両牛ともよく動きます。見せ場も作ってくれました。
初回の取組とは思えないほどの内容で、小気味よい闘いです。
若黒はとても積極的に見えます。
効いているかどうかは別として、けっこう角をヒットさせてますね。
コントロールの良さは、経験を積むと強力な武器になりそうです。
時間いっぱいまでとてもよく動き、見ていて楽しい角突きでした。
響は教育の上手い先輩になりそうです。
というよりも、ずっと見ていたらこの両牛、兄弟のような感じでした。
※記事作成にあたり、MC勢子・松田さんの解説を参考にしています。

10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_9173761.jpg

↑右が若黒、左が響です。ひたむきな若黒の動きはとても良かったと思います。
10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_9184524.jpg

↑開始直後から、若黒は積極的に横から押しています。
10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_9191814.jpg

↑ちゃっかり攻撃もします。でもけっこう本格的だぞ。。。
10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_9195437.jpg

↑気合十分な若黒。先輩の響は教育係のようでした。
10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_9203181.jpg

↑角はスレスレまで来てるのに、響は落ち着いた表情でした。
10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_921350.jpg

↑でも時折響のプレッシャーを感じることも。若黒、ちょっとビックリ。
10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_9214517.jpg

↑若黒の攻めを受ける響。おーおーやるじゃないか、余裕があります。
10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_922374.jpg

↑やはりこうやって頭を合わせると、響の圧力はかなりのものがあるようです。
10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_9231430.jpg

↑若黒、いい目線ですね。響はまだ余裕がありそうです。
10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_9243318.jpg

↑角がストレート、眉間に命中。「ヤバッ」みたいな若黒。このあたりはまだ二歳。
10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_9255462.jpg

↑頭を合わせて、どちらもいい表情です。ちょっと露出オーバーだけど。。。
10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_9271717.jpg

↑終盤になってもよく動き、若黒は横から攻めていました。
10/23 山古志闘牛 響-若黒_b0016600_9274459.jpg

↑響はよく若黒に付き合ってくれたなという感じ。いいお兄さんでした。
(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
by keiji_takayama | 2019-10-26 09:28 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama