10/13 山古志闘牛 平畑-雄山

第八回:平畑(十五歳/池谷)-雄山(六歳/山古志)

平畑は本日出場する12組24頭の牛のうち、最高齢になります。
島根県・隠岐の島から導入した黒牛です。
年齢は十五歳。人間で言えば70代くらいです。
平畑さんといえば、この地域では昔からの牛飼いです。
ご主人はお亡くなりになりましたが、奥様(おばあちゃん)が意志を受け継ぎ、
最後まで面倒を見るんだということで、可愛がって飼育をされています。
対する雄山。まだ若いですが、素晴らしい、馬力の出る体があります。

先に入ってきたのは平畑です。角が上にピーンと向いています。
雄山が後から入ってきました。双方が地面を掘り、低い声を出します。
そしていよいよ、取組が開始されました。
まずは平畑が一撃。長く上に向いた角で雄山の額を掘るように使います。
平畑は自分の角を使いやすい距離、これを保ちながら闘いたい。
雄山はできればこの角を使わせず、距離を詰めて闘いたい。
勢子の声が場内に飛び交います。
平畑が下から角を掛けて出ようとする、雄山は若さと馬力を使い、
上から平畑を押さえようとしています。平畑は掛け技から雄山の
首に入ろうとしました。しかし雄山は落ち着いて、大先輩の攻めを
受けています。今度は雄山が強引に押し上げて前に出ました。
勢子が両牛を鼓舞しています。場内からは、おお、というどよめきが。
平畑、下から雄山の顔を上手く向けて、出ようとします。
雄山は落ち着いて、自分の体や馬力を使ってこの攻めを受け止めます。
角がぶつかる音。勢子と客席、シャッター音が一気に盛り上がります。
「ほらいけ、ほらいけ。」「はいっはいっ」勢子の声が響いています。
そして勢子の走る音、場内の歓声が聞こえました。
写真を見返すと、どうやら8人の勢子が牛を追っていたようです。
まさに人間と牛との攻防でしたが、最後は勢子が鼻を取りました。
双方の綱が伸び、拍手。雄山がちょっと前足を痛めたようです。
先に引き上げの雄山に、たくさんの拍手が送られています。
後から引き上げの平畑。自分の力を出し切ってくれました。

最初からガッチリと組み合う両牛。平畑の視線はやる気満々です。
やがて雄山もそれに反応を見せます。目が赤くなってきました。
平畑は積極的に攻撃を仕掛けました。角が目に入りそうなシーンも。
取組はすでに終わっているのに、見ているこちらがハラハラです。
両牛の角が同時に相手に当たるところもあり、平畑がちょっと表情を
変えているところもありましたね。ここを外したのは痛かったなぁ。
キヤノンではこれまでに一度も起きたことがない展開が、少なくとも
これまでの取組では必ず複数回発生します、これはガッカリでした。
カメラの使用設定がたまたま合っていなかったのが原因でしょうが、
このままでは怖い、というのが率直な感想でした。慣れ次第かなぁ。

雄山が平畑を押し込むシーンは、なかなかに迫力がありました。
平畑の下から雄山が押し上げるような格好になり、平畑も驚きの表情。
そのまま柵まで押されるかと思いましたが、ここで平畑も返します。
そして、そのまま逆に押し込もうという気迫を感じました。
その後は再び組むのですが、平畑の角が雄山の眉間にヒットしている、
そんなカットがありました。連写しているのですが、残念ながらこの
一連はすべてピントが合っていませんでした。これは、とても残念。
いつものEOS-1D Xでは、こんなことなかったんだけどなぁ。。。

終盤になると、雄山の角が平畑に当たるシーンが増えてきました。
でも、平畑はさすがの貫禄です。驚いた表情は見せるのですが、
けっして怯んだりはしません。堂々とした戦いっぷりを見せます。
最後まで疲れているようには感じないし、勢子との攻防も見事でした。
これが最高齢、70代とはまさにあっぱれですね。
※記事作成にあたり、MC勢子・松田さんの解説を参考にしています。

10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_973487.jpg

↑平畑の厳しい攻撃。角が雄山の目に入ってしまいそう。ハラハラのシーン。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_95479.jpg

↑開始直後の様子。左が平畑、右が雄山です。平畑のほうが気合入ってる ?
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_964448.jpg

↑角を絡める平畑。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_97534.jpg

↑雄山も応戦しました。角が太いです。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_910033.jpg

↑雄山の角、立派ですね。しかし平畑は怯みません。果敢な姿です。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_9105474.jpg

↑なんと年の差9歳。これはやはり、平畑の健闘を称えたいですね。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_9114121.jpg

↑角に向かって行く姿勢の平畑。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_9124224.jpg

↑雄山が下から入って、前に出ようとするところ。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_9133693.jpg

↑ここは平畑もやや表情を変えます。しかし。。。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_9141222.jpg

↑ここからが見せ所。体勢を整えて、雄山に向かって行きました。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_9145464.jpg

↑力強い、いい目線です。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_915311.jpg

↑雄山も負けずに、角で攻撃。顔の真ん中にピタッと照準を合わせました。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_9163692.jpg

↑雄山の攻撃を受け止めている(?)平畑のシーン。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_9171079.jpg

↑雄山の角コントロールが光ります。今度は額を狙いました。
10/13 山古志闘牛 平畑-雄山_b0016600_917513.jpg

↑取組終盤までこうした攻防が続きました。両牛ともタフだったなぁ。
(OM-D E-M1X/M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+MC-14)
by keiji_takayama | 2019-10-22 09:18 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30