10/13 山古志闘牛 山王-角栄号

次戦の取組紹介。「角栄号」とアナウンスされるとモー大盛り上がり。
「うぉーっ」「おぉーっ」と、大きな声と拍手で会場が包まれました。
本日は大応援団が来てます、というアナウンスでまたまた大声援と笑い声。
どうやら、牛持ちの大学同級生の皆さんのようです。いやぁすごい(笑)
なんと、還暦のお祝いなんだそうです。こういう関係っていいなぁ。。。
両牛の入り待ちで少し静かになった場内。後方で牛が18回唸りました。
とても大きな声で、会場中にアピール。これはたぶんアイツに違いない。

第七回:山王(十二歳/神戸)-角栄号(十一歳/相川)

まずは角栄号が唸りながら入場。当然のように、客席からは大声援です。
後から山王も元気に入ってきました。こちらの牛持ちも女性です。
いよいよ取組開始。
まずは角栄号が大きな角でグッと構えました。
山王はパッと飛び込もうとしましたが、角栄号を見て同じく構えます。
「それいけ ! 」「はい ! 」勢子の声も飛び交います。
角栄号、右角でボクシングでいうジャブのように角を繰り出します。
今度は左から一発。
ちょっと痛かったようで、山王が一歩下がりました。
こういう角の使い方を「はたき」と言います。
ただし、使う牛は少なくなりました。角栄号が貴重な存在です。
これが本当に痛いところに当たると、一発で相手の闘争心を削いでしまう、
そんなこともあります。山王はちょっと構えました。さてどうするか。

場内から「おっ」という声。山王が前足で土を掘る仕草を見せました。
頭を合わせなくてもオレは強い、そんな心理戦を仕掛けているようです。
ここで応援団が沸きました。どうやらここで引き分けです。
角栄号と山王、もともとは同じ場所で飼育されていました。いわば同門。
「痛くならないうちに、このへんで」と話しているかもしれません。
MC勢子・松田さんの絶妙な解説に、応援団も大喜びです。
双方の綱が伸びて、会場は大きな拍手と友情に包まれました。
山王、角栄号の順に引き上げていきました。

この取組も2分ほどでした。序盤の攻防で引き分けになりましたので、
写真は殆ど残っていません。取組の写真は28カットだけでした。
せめて角栄号が叩くところが撮れていればよかったのですが。。。
ちようど逆の位置関係になり、残念ながら捉えられませんでした。
闘牛は往々にしてこういうことがあるので、ファーストコンタクトを
必ず撮ることにしています。この瞬間だけは絶対に訪れるからです。
そしてこのことが、後の取組でプラスに働くことがありました。
山王にとってみれば、この一戦は悔しかっただろうと思います。
先月はそんな状況で出場したのですが、すごい突進を見せました。
ということは、次の闘いでまたこの悔しさが火を噴くかもしれません。
角栄号も、早くに名前を覚えた牛です。またの活躍も見たいですね。
※記事作成にあたり、MC勢子・松田さんの解説を参考にしています。

10/13 山古志闘牛 山王-角栄号_b0016600_0133675.jpg

↑これがファーストコンタクト。左:山王、右:角栄号です。山王の角、立派ですね。
10/13 山古志闘牛 山王-角栄号_b0016600_014506.jpg

↑この角度でしたので、角栄号の攻撃は撮れませんでした。残念。。。
10/13 山古志闘牛 山王-角栄号_b0016600_0153610.jpg

↑ちょっと構える角栄号。しかしこのあと、引き分けとなりました。
(OM-D E-M1X/M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+MC-14)
by keiji_takayama | 2019-10-21 00:16 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30