8/3 山古志闘牛 貴王-文平

第7回:貴王(七歳/山古志)-文平(十一歳/虫亀)

先に文平が入ってきました。MC勢子の松田さんがお話しします。
「親バカですが、やっと自分の倅が自分の牛を引けるようになったなぁ。」
この後だんだんと闘牛場の拍手が大きくなり、一気に大盛り上がりでした。
牛を一生懸命に引くお子さん、それを見つめるお父さん。いいシーンです。
対する貴王ですが、こちらは沖縄からこの春導入した牛です。
本日初めて、この山古志で対戦をします。どんな闘いを見せるでしょうか。

取組開始。蝉の声と勢子の声が会場に響きます。
まずは文平が仕掛けます。これに対して貴王が落ち着いて受けています。
場内の「おーっ」という声。貴王が下から跳ね上げて前に出ました。
文平が右から左から、角を使って前に出ようとします。貴王は受けます。
左右に角を使う文平、それを落ちついて受け止める貴王。
その直後、場内にざわめきが起き、柵に何かがぶつかる音がしました。
衝撃の余韻がまだ場内に残る中、両牛が分けられました。やがて拍手。

文平にとってみれば、押し込まれ始めた場所が柵の近くだったことが
とても不運でした。そのまま入退場ゲートにぶつかってしまいました。
取組後はきちんと自分の足で戻りましたが、明らかに負傷しています。
ゆっくり歩き、そのままトラックに乗せる措置が取られたようです。
その様子を見ようと席を離れたお客さんもいました。
松田さんは「楽しみな牛がやってきました。」と貴王をまず称えました。
牛は家族であると解説でもお話されています。その家族が負傷した、
これはもう心配だと思います。それでも毅然と相手の牛を称える、とても
立派でした。文平はこの後もちゃんと治療してもらえるそうです。
姿を見たのは初めてでしたので、またの機会を楽しみにしています。

《写真の密着》
両牛とも黒牛なので、こりゃ見分けがつかないなと思っていました。
ただ、よくよく見ると角の形状でなんとか識別できそうです。
文平の角は、これまでの闘いの証なのでしょう、先端が少し割れています。
それでも果敢にこの左角を使って、貴王に攻撃を仕掛けていました。
鋭く貴王の顔に当たっていましたが、文平の角も割れが広がります。
それでも、躊躇うことなく、まっすぐ真剣に闘う文平でした。
解説にもありましたが、文平が仕掛けて貴王が受ける展開のようです。
それにしても文平は角の使い方が上手い。確実に当てていました。
貴王の、瞑った瞼の上に角がヒットしているカットもありました。
これはとても見事です。貴王の目を心配してしまうほどに。
文平の角は、根元が太くて先端が細い、しかも少し上に上がっています。
これで相手の体に届くんですね。とにかくヒット率が高いように思います。
ラストシーンも、最初は文平が右角で攻撃していました。
それを貴王は目を瞑って受けていましたが、目をカっと見開いて文平を
睨み付けるところがありました。この後一気に押し込んだのでしょう。

※記事を作成するにあたり、MC勢子・松田さんの解説を参考にしています。
8/3 山古志闘牛 貴王-文平_b0016600_2424290.jpg

↑気迫のこもった文平の攻撃。砂埃がいい演出をしてくれました。
8/3 山古志闘牛 貴王-文平_b0016600_244017.jpg

↑最初組んだときは、比較的穏やかな展開かと思っていたのですが。。。
8/3 山古志闘牛 貴王-文平_b0016600_2443974.jpg

↑メインカットの1つ前のコマ。砂埃があるとアクセントになりますね。
8/3 山古志闘牛 貴王-文平_b0016600_2453355.jpg

↑睨み合い。文平の角は見事です。
8/3 山古志闘牛 貴王-文平_b0016600_2455934.jpg

↑左角を使って、ボクシングのジャブのような攻撃。
8/3 山古志闘牛 貴王-文平_b0016600_2464367.jpg

↑見事、角が貴王に当たっていますが。。。文平の角にもダメージが。
8/3 山古志闘牛 貴王-文平_b0016600_2475239.jpg

↑これもヒット。貴王の踏ん張りもお見事。
8/3 山古志闘牛 貴王-文平_b0016600_24854100.jpg

↑文平はとても気合が入っていました。角も立派ですね。
8/3 山古志闘牛 貴王-文平_b0016600_250593.jpg

↑こちらはクロスカウンター気味。
8/3 山古志闘牛 貴王-文平_b0016600_2503153.jpg

↑このあたりから、貴王の表情に変化が出てきたように思います。
8/3 山古志闘牛 貴王-文平_b0016600_251797.jpg

↑貴王が目をカッと開き、文平を押し込みました。
(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM )
by keiji_takayama | 2019-08-09 02:51 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30