8月場所取組発表!とお知らせ

山古志闘牛、8月は3回開催されます。
2日は特別場所として、綱を引いた牛の取組が3番あります。
気付くのが圧倒的に遅くなりましたが、2日と3日は長岡花火大会です。
今年は曜日の並びが良いこともあり、チケットは早々に完売したそうです。
そんなわけで、当然長岡周辺のホテルは全滅。隣県で夜を過ごします。
もともと仕事を終えてから向かおうと思ったのですが、奇跡的に2日も
仕事が休みになったので、のんびり行って鋭気を養おうと考えています。

さて、3日の取組が発表になりました。今回は10組の予定です。

①黒斗-若黒
②飛将-赤武者
③充号-若颯
④小文吾-伊之助
⑤龍勢-新宅赤パンダ
⑥山仁-一颯
⑦貴王-文平
⑧彦内-八剣志
⑨三五兵工-山徳号
⑩牧野郷-龍皇

今回がデビュー戦の牛もいるようです。
おお、新宅赤パンダの名前が ! !
これはおそらく、新宅から名前が変わった「あの」牛だと思います。
赤パンダといえば、動物園世界ではレッサーパンダのことになるわけで、
こんなところも縁のある牛になりそうです。楽しみにしてますよ〜。

《お知らせ》
「山古志闘牛まとめ」というカテゴリーを作りました。
これまで撮影した取組を、場所ごとにすべて並べていきます。
それぞれに該当記事のリンクが貼られていて、見返すことが可能です。
闘牛の記事を書いていると、けっこう前の取組を見たくなることがあり、
検索性の向上を図る意味もあって、まとめてみることにしました。
(30日より随時掲載)

ちょくちょく書いていますが、昨年千秋楽からすべての取組を撮影し、
それを取組別に紹介しています。闘牛の写真やブログは複数見ましたが、
フォトコンを開催していることもあり、写真単独で載せているほうが
多いと感じました。確かにそれも楽しいとは思うのですが、すべての牛は
一生懸命に闘っています。それを名前も解らない、背景も知らないという
のはとても失礼にあたるのではないか、そんなことを思いました。
そこで昨年の千秋楽で試みたところ、大きな楽しさ面白さを感じました。
長く続けることができたら、データベースにできるかもしれません。
動物園の撮影でもそれは同じですね。

そんなわけで、もし思い出したら「まとめ」のほうもご覧ください。
by keiji_takayama | 2019-07-29 23:34 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama