7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工

結び前の第14回。龍皇(八歳/長岡)と三五兵工(十二歳/中野)の登場です。

ここで、来月の日程が発表になりました。
8月は本場所が3日、11日。2日には特別場所が予定されています。
2日、3日は長岡の花火大会があり、もうチケットが手に入らないとか。
ちなみに2日は、長岡周辺のホテルはほとんど埋まっているようです。
あっ、ちなみに両方ともまた見に行くつもりでいます。

先に入ってきたのは龍皇。
このタイミングで、元気よく「おめでとぉぉぉぉぉ〜 ! ! 」と叫んでいる
お子さんの声が聞こえました。とても大きな声で、よく通ってましたよ。
龍皇はまだ若いのですが、素晴らしい牛に成長しました。
骨格も良く、来年には一番大きな牛になっているのではと思われます。
現在でも体重は1tあります。これが来年には1.1tを超えそうな感じです。
これからの角突きを背負って立つ、次の代のリーダー的存在ですね。
そして、後から入場は三五兵工。
先場所は顔を泥だらけにしながらの、柿乃花黒ダイヤとの一戦が印象的でした。
「さっこべえ」と読みます。

取組開始。勢子の「よしたー」が場内に響きました。
まずは双方が、相手の出方を伺います。
頭を付けて様子を見ていますが、三五兵工は右から左から、龍皇の角を
下から掛けて前に押し込もうとします。龍皇は頭をピッタリと付けて、
自分の大きな体を活かしつつ、馬力(体重)で押さえています。
三五兵工は角を使って攻撃を仕掛けます。
「よしたー」の声が高らかに響き渡っています。場内は比較的静か。
両牛の動きにお客さんの目が奪われているようです。
「どっちもスキがないな」という客席の声が入っていました。
やがて、勢子の走る音。「よしかかった ! 」の声。
場内に拍手が起き、取組が終わりました。両者引き分けの裁定です。

《写真の密着》
この取組はなぜか撮影枚数が少なく、65カットでした。
場内を動き回っての攻防というより、文字通りの「角突き」という
内容だったと思いました。どちらも真剣な表情で、相手を睨みます。
とはいえ、双方の実力を知っているのは両牛です。
お互いが相手の力を認めた上で、下手に動かないほうがいいと考えた、
そんな展開だったのかなと。お客さんが話していた「スキがない」が
まさに正解だったのかもしれません。それはそうでも、組んでいる時の
表情はとても厳しく、まさに勝負師のようでした。令和の横綱を狙う
龍皇にとっては、かつて全日本プロレスでジャンボ鶴田が経験した、
「試練の十番勝負」にも似た闘いが今後も続くことでしょう。
何年か経って、どんな強い横綱になるのか楽しみです。
(それにしても、ネタが古すぎますね。。。)
ちなみに、角がやや小さくて体に白い〇状の模様が見えるのが龍皇です。
試練という言葉が合っているかは別にして、三五兵工も頑張りました。
龍皇に強烈な頭突きをお見舞いしているシーンは、さすがの龍皇も顔を
ちょっと顰めているようでした。角が絡むとX型になるのも注目です。
(トヨタマークXのエンブレムを連想してしまいました。)
加えて、双方とも耳がピーンと立っていました。聞き耳を立てている、
そんなようにも感じます。勢子や客席の声、盛り上がりを確認してる ?

※記事を作成するにあたり、MC勢子・松田さんの解説を参考にしています。
7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工_b0016600_1435883.jpg

↑三五兵工の厳しい攻め。龍皇は鼻が曲がっています。同時に角攻撃も。よく耐えました。
7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工_b0016600_146252.jpg

↑ファーストコンタクトでも睨み合い。右が龍皇です。
7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工_b0016600_1464494.jpg

↑低く構えています。三五兵工の目線がすごいです。
7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工_b0016600_147045.jpg

↑うわ。目の前にこんな太い角が出てきたら、確実にビックリします。
7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工_b0016600_1473397.jpg

↑組むと角が見事な「X」になります。耳がピーンと立っているのも注目ですよ。
7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工_b0016600_1474993.jpg

↑こうして見てみると、角の大きさや長さがかなり違うのが解ります。
7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工_b0016600_1484157.jpg

↑こちらはなぜだか、双方とも優しい表情をしています。何か話してるみたい。
7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工_b0016600_1494637.jpg

↑と思ったら、14秒後にはこうなってました。
7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工_b0016600_1505959.jpg

↑おっと、横から攻められました。意外というか、ちょっと想定外だったようにも。
7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工_b0016600_152391.jpg

↑近くにやってきたので大きく撮れました。目線の迫力、力が入っています。
7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工_b0016600_153512.jpg

↑これはさすがに、痛そうですね。。。でも、よく頑張って耐えたなぁ。
7/14 山古志闘牛 龍皇-三五兵工_b0016600_1534927.jpg

↑角の絡んだ感じがとても素敵でした。まさに「X」ですね。
(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM )
by keiji_takayama | 2019-07-28 01:55 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama