5/26 山古志闘牛 龍皇-銀時

いよいよ11番目まで進んできました。
龍皇(八歳/長岡)、銀時(七歳/山古志)の一戦です。
この取組は、おそらく撮影した枚数が上から数えた方が早いです。
とてつもない動き、大きな牛の力を見せつけてくれる一番でした。
毛色が黒いのが龍皇、グレーのほうが銀時になります。

この両牛、最初から猛然と絡み、睨み合い、頭を低くしてぶつかります。
この時は客席からではなく、ゲートの近くに立って撮影していましたが、
なんと目の前での攻防が繰り広げられました。手を伸ばせば触れられる、
そんな距離で牛が闘っているのです。まさに生の迫力、息づかいも聞こえ、
ファインダーには顔いっぱいになりました。すごい、もう大興奮です(笑)

これは後から気付いたのだけど、龍皇はかなり負けず嫌いのようです。
押し合いながら睨んでいるシーンがあって、しかもこれ複数だし時間も
ちょっとは経過しているのですが、全く表情が変わらない。厳しいより
冷静に戦況を見つめ、考えているようでした。クールすぎ。昔の映画で
松田優作が演じた人物を思い出しました。カッコよかったなぁ。
一方の銀時も、怯むわけでもなくガッチリ組んで、男らしかったですね。

そして、勢子が入って鼻を取って・・・のはずが、そうじゃなかった。
その後も2頭が動き回り、勢子の皆さんは追いかける展開になりました。
今度は別の勢子さんがなんとか鼻を取るのだけど、銀時の興奮は冷めず、
勢子の1人が投げられてしまいました。でも、鼻の綱はしっかり握られ、
手は離しませんでした。この攻防も凄かった。場内大盛り上がりでした。

昨日の記事について補足です。
角が細くて長い、上を向いている→天地人、角が太い→牧野郷です。
5/26 山古志闘牛 龍皇-銀時_b0016600_0334627.jpg





5/26 山古志闘牛 龍皇-銀時_b0016600_0341350.jpg

め、めりこんでる。。。
5/26 山古志闘牛 龍皇-銀時_b0016600_034305.jpg

闘う目つき
5/26 山古志闘牛 龍皇-銀時_b0016600_0345669.jpg

痛そう、でもよく耐えてます !
5/26 山古志闘牛 龍皇-銀時_b0016600_0352512.jpg

(5D MarkIII/タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD)
by keiji_takayama | 2019-06-09 00:36 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama