5/26 山古志闘牛 伊之助-柿乃花怒濤

4組目は、伊之助(四歳/山中)と柿乃花怒濤(四歳/岩手)の一戦。
黒毛が柿乃花怒濤です。

後から写真を見てこの記事を書いているのですが、この闘いは動画で
見たかったですね。最初から最後まで、お互い堂々としていました。
といっても、動きが速くてわけがわからないかもしれないけど。
実は、これも動画が上がっていました。序盤のシーンのみでしたが、
組んだ直後から柿乃花怒濤が積極的な攻めを見せています。伊之助は
足が一瞬浮き、そのままフェンス前まで押し込まれてしまいました。
その後も押される場面が続くので、この動画を見ている限りでは、
圧倒的に柿乃花怒濤がまさに怒濤の攻め。優位だと感じるでしょう。

ところが、なんですね。
写真を見ると、柿乃花怒濤が伊之助の顔におでこを密着させています。
めりこんでいるかのような勢いですが、伊之助はこれを受けてます。
そのまま伊之助の口元を地面に落とすのですが、伊之助の目は死なず。
なんとここから立ち上がり、柿乃花怒濤に向かって行くのです。
こんなはずじゃない、ちょっと柿乃花怒濤が狼狽しているかのよう。
そして次には、伊之助が柿乃花怒濤の鼻を地面に押しつけています。
両牛共に、闘志溢れる見事な闘いっぷり。場内も盛り上がりました。

写真でこうした動きを捉えるのは面白いし楽しい。それはそうだけど、
こうして双方の動きを見ていると、動画も撮りたくなってくるなぁ。。。
5/26 山古志闘牛 伊之助-柿乃花怒濤_b0016600_0334875.jpg





5/26 山古志闘牛 伊之助-柿乃花怒濤_b0016600_034556.jpg

柿乃花怒濤の押しが決まったと思いきや、伊之助の目は死んでいません。
5/26 山古志闘牛 伊之助-柿乃花怒濤_b0016600_034166.jpg

ここから逆襲。柿乃花怒濤の表情がちょっと狼狽えているようにも。
5/26 山古志闘牛 伊之助-柿乃花怒濤_b0016600_0345537.jpg

(5D MarkIII/タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD)
by keiji_takayama | 2019-06-01 00:36 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama