5/26 山古志闘牛 新宅-充号

3組目は、新宅(五歳/梶金)と、充号(四歳/池谷)の闘い。
この新宅、昨年千秋楽の撮影から最初に識別ができた牛なのです。
それは、顔の中心が白くなっているため。とても解りやすいですね。
ただ、その影響か表情はどことなく優しげです。アイドル系かも。

序盤は両牛の力比べといいますか、押し合いが見られました。
新宅の表情もキリッと引き締まり、目に力が宿っています。

この取組の一部は、SNSに動画が載っていました。
それによると、充号の見事な展開がわかります。
柔らかさを使いながら、新宅の攻めを受けて切り返しを狙う充号。
見事に角を使って新宅の横に回り込み、下から突き上げました。
これで新宅の体が浮き、やや戦意を喪失したようにも見えました。
場内の女性には充号の勝ちと映ったようで、そんな声もあります。
とはいえ、新宅の押し込みは鋭く、見応えのあるシーンでした。

写真は新宅の角が充号の目元付近に刺さっているシーン。
目元がこんもりと盛り上がっています。
ボクシングでいう「偶然のバッティング」のような雰囲気でして、
新宅は「やべぇ入っちまった」みたいな表情にも見えます。
一方の充号は、まさに鬼の形相。これで闘志に火が付いたかも。。。

この取組では、双方のハイライトシーンを残せたのが良かったです。
せっかくだし、できればそれぞれの牛のカッコいいところを残したいと
考えているわけです。写真でも「引き分け」にできるのが理想かなと。

闘い終わった場内引き回しでは、両牛ともお子さんが登場です。
未来の勢子の姿に場内も盛り上がり、拍手がたくさん贈られていました。
5/26 山古志闘牛 新宅-充号_b0016600_162370.jpg





5/26 山古志闘牛 新宅-充号_b0016600_163971.jpg

互いの角が刺さってる。。。
5/26 山古志闘牛 新宅-充号_b0016600_16492.jpg

5/26 山古志闘牛 新宅-充号_b0016600_17921.jpg

充号の目線に注目 !
5/26 山古志闘牛 新宅-充号_b0016600_171370.jpg

(5D MarkIII/タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD)
by keiji_takayama | 2019-05-31 01:07 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama