山古志闘牛千秋楽 新宅-大希

2番目の取組は、四歳の新宅(梶金)に、三歳の大希(山古志)が挑みました。
なぜか12コマしか撮っておらず、加えて全身姿がないので識別不能です。
しかし、片方はとてもわかりやすい牛ですね。
顔の中央の毛が白いです。とても愛嬌があり、場内からは「かわいい ! 」の声。
隣で撮影していた人だと思うのですが、「パンダみたい」とつぶやいていました。
そんなわけで、アイドル的存在といえるでしょう。

目線もどこか儚げで、相手の睨みにちょっと怯んでいるような雰囲気です。
それにしても、ちょっと上から睨んでいるような相手は堂々としたものです。
目元がギョロリとして、しっかりと見据えていました。

この写真だけ見ると誤解しそうですが、両者とも頭をつけて、しっかり「闘牛」してましたよ。

追記:いろいろ調べてみたら、毛の白い牛がどうやら「新宅」のようです。

山古志闘牛千秋楽 新宅-大希_b0016600_059478.jpg

(5D MarkIII/タムロン28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD)
by keiji_takayama | 2018-11-07 01:00 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama