消える写真店

30年ほど前、アロマカラーというコニカ系の現像所で働いていた。
当時担当していたのは、主に港区、千代田区のカメラ店だった。
この当時のカメラ店は、現在どうなっているのだろう。
そんなことをふと思ったので、思いつくままネットで検索してみた。

結果はやる前からある程度解ってはいたが、ほとんどが消えている。
名前が出てこないのだから、もう営業をやめているのだろう。
なかには、今年の1月で閉店したところもあった。なんとも寂しい。

「フジカラーのお店」も調べることができるのだが、こちらもかなり
少なくなっていて、目立つのはキタムラとかコイデカメラといった、
チェーン店だけであった。今後の「町の写真屋さん」の鍵を握るのは、
この2つといえそうだ。なくなったらと思うと、とても恐ろしい。
消える写真店_b0016600_1814075.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2018-09-10 18:14 | 上野動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama