撤退

カシオがデジタルカメラ事業から撤退するという。
理由はいつもと同じで、市場縮小とスマホに押されて、というものだ。
カシオはCP+のブースでもそうだが、カメラの単純な性能の良し悪しではなく、
それを使っていかに楽しめるか、を前面に出していたというイメージがある。
一昨年のブースではターゲットは女性だけのような印象を受けた。

最近の新製品はそうでもなかったようだが、あまりにスマホに似ていたような
気がしたので、まぁこれはやむを得ないというか、それが正解だと思う。
数がさほどないことと、昨日が珍しいこともあって、中古ではなかなか人気がある。
ただし、いかんせん相場が安定していないのが残念なところ。

オリンピックの頃には、デジカメの勢力図そのものが大きく変わるかもしれない。
by keiji_takayama | 2018-05-09 23:57

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama