好きな国内ドラマ

ネタがなくなったので、エキサイトの投稿テーマを1つ。

ドラマというと、リアルタイムで見ることは100%ない。
理由は、次の展開を1週間も待てないからである。
知りたいことはすぐに判明しないと気が済まない質なのだ。
なので、DVD化されてから一気に見ることが定番になっている。
加えて言うなら、サスペンス、ミステリーにしか興味がない。

で、好きなドラマといえば、まずはこの3つ。

・池袋ウエストゲートパーク(2000年)
・白夜行(2006年)
・もう誰も愛さない(1991年)

ウエストゲートパークを最初に見たのは 2004年の頃で、再放送だった。
この時点ですっかりハマッたが、その時の最終回直前の放送が金曜日。
ラストを見るには2日間待たなければならなかった。
それが我慢できなくて、ネットでDVD-BOXを買って取り寄せた。
以後、ちょくちょく今でも見ることがある。ストーリー展開が好みだ。
白夜行は原作をかなり前に読んでいて、それを基調に考えると話がかなり
異なっているのだが、この世界観に完璧に引き込まれた。俳優が上手くて
違和感もなかった。最初に出てくる子役の演技がとても良かったと思う。
そして、もう誰も愛さない。これが放送されていた頃、金曜朝の職場は
放送の話題で大盛り上がりだった。見ていなかったのだが、「1回でも
見逃すと話が解らなくなるよ」という感想が全く理解できなかった。
かなり後になってDVDを見るのだが、この時点でようやく合点が
いくことになる。とにかく面白い。こういう終わり方はとても好きなのだ。

ひとまず3つ挙げたが、ストロベリーナイト、アンフェア、眠れる森、
トライアングルなど、印象に残っているドラマは多い。しかし、ここ最近
そういう作品が減っている。見てはいるけど、パンチが足りないというか
インパクト、衝撃性に乏しいドラマばかりに感じる。これも時代なのか。
b0016600_0261060.jpg

(1D X /EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
by keiji_takayama | 2018-02-14 00:26 | 東武動物公園 | Comments(0)

日頃は都内中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園で撮影活動。動物たちの表情を追い続け13年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama