日帰りで鹿児島

予定していた時間にちゃんと起きられたら、やろうと思っていた。
果たして、目覚ましがしっかりと仕事をしてくれたお陰で目が覚めた。
支度をして、これなら大丈夫だと思い、そのまま決行することに。

何かというと、新幹線で鹿児島まで乗ってみようというものだ。
当然日帰り。まぁ正直な話、行ってそのままトンボ帰りである。
昔からそうなのだけど、突然こういう突拍子もないことがしたくなる。

新幹線で博多まで行くことも、その先の九州新幹線も初めてのことだ。
終着駅は鹿児島中央。以前はここ、西鹿児島と呼ばれていた駅だろう。
寝台特急が高い人気を誇り、乗りたくてたまらなかった子供の頃は、
鹿児島本線を経由する「はやぶさ」でも20時間ほど時間がかかった。
そのうち廃止されるだろうという声が聞こえてきた97年頃、ようやく
東京-西鹿児島に乗ることができた。鹿児島にはそれ以来、行っていない。

そんなわけで、日帰りが可能になった鹿児島と、九州新幹線を体験する、
というのが大きな目的の1つだった。平日だというのに、東京駅を6時に
発車する「のぞみ」は相変わらずの人気である。席はなんとか取れた。
博多で「さくら」に乗り換えた。この車名も、かつては寝台特急である。
懐かしく感じながら、オシャレな雰囲気の車内と風景を楽しんだ。
鹿児島中央には昼過ぎに到着。食事をしてほんの少しだけ駅周辺を歩き、
そのまま帰ってきた。かつて見た西鹿児島駅の記憶と合致するものはなく、
なんだか不思議な気分だった。片道7時間、座りっぱなしの旅である。

駅前にあったMapを眺めていたら、平川動物公園の名前があった。
思っていたより近いようだ。次回は一泊して、ここを見ていこうと思う。
日帰りで鹿児島_b0016600_22481156.jpg

(7DMarkII/タムロン18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD)
by keiji_takayama | 2017-11-09 22:47 | 山古志闘牛場

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama