スナップは苦手

写真には様々なジャンルがあるが、苦手としているものがある。

撮るものではなく見るものであると考えている花火、子供の頃に挑戦
しようとして見事に失敗し、カメラをこれまでで唯一ひっくり返した
ことがある星がそうなのだが、これに加えてスナップも好きではない。
そもそも、写真に人が入り込むのが大嫌い。そして、ある程度構図を
きっちり決めたいと思っているので、どうにも苦手意識が働くのである。
とはいえ、その勉強の機会があれば喜んで参加するのも常である。

そんなわけで。浅草にてスナップ撮影の勉強をしてきました。
座学1時間、実際の撮影が1時間半ほど。あいにくの雨でしたが、とても
有意義な時間を過ごせました。せっかくなので花やしきにも寄りましたが、
ここはまた時間をかけてゆっくりと風景を狙ってみたいですね。
雷門、仲見世周辺は外国人観光客で大賑わいでした。若い人は自撮り棒を
持ち歩いていて、あちこちで記念撮影。面白いモチーフも見つかりました。
雨なら雨の被写体があるわけで、傘は嫌いだけど雨のシチュエーションは
その逆です。けっこうな枚数を撮影しました。しかし、さすがに疲れまして、
帰りの電車に傘を置き忘れて帰ってきました。考える前にシャッターを押す、
このほうがスナップ撮影は楽しめると思います。でもでも、かなり眠いです。
by keiji_takayama | 2017-07-26 23:22

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama