雨の多摩とタクマー

朝から雨が降っていた。しかし、動物園に行こうと決めていた。
雨の日に、前向きな態勢で撮影に出掛けるのは久し振りのことだ。
以前は、雨でも濡れながら撮っていた。傘は邪魔なだけである。
テレビに出てそんな発言をして、タレントが驚いたこともあった。
しかし、それが最近やや影を潜めている。そう感じていたのだ。

割とゆっくり出発したので、着いたのは昼近くだった。
雨はやむ気配など全く見せず、時間が経つにつれて多くなっている。
最初から傘は差さずに撮り歩こうと思っていた。撮りたいというより
狙えそうな動物にはすべてカメラを向けるつもりでいた。そのせいか、
けっこう成果があった。全身ずぶ濡れになって写真を撮るのも楽しい。
今回のカメラはオリンパスE-PL5である。内蔵ファインダーはない。
使ったレンズは、スーパータクマーの200mmだった。当然MFだ。
こちらをメインにして、もう1本使うつもりで持って行ったのだが、
出番はあまりなかった。ほとんど200mmで撮影した。135mmに換算
すると400mmである。それをモニターでピント合わせするのだが、
雨なのでモニターが当然濡れる。滴が乗っているので、ピント合わせは
なかなか厳しかった。ところがこのレンズ、けっこう優秀だったのだ。

そして意外や意外、トータル撮影カットは528だった。
こんなに多く撮るとは思っていなかった。少し慎重に考えたのだろうか。
まだちょこっと見ただけだが、良い悪いの差がとてもハッキリしていた。

アフリカゾウ(7)
シマウマ(22)
イヌワシ(9)
ダルマワシ(16)
オオワシ(6)
インドサイ(36)
アジアゾウ(53)
アムールトラ(15)
ユキヒョウ(34)
ゴールデンターキン(101)
シャモア(3)
ゴールデンターキン(15)
パルマワラビー(49)
カンガルー(23)
アムールトラ(50)
ニホンカモシカ(61)
ヒマラヤタール(3)
アナグマ(21)
マレーバク(4)

こう書くと種類も多いのだけど、かなり多くのボツを量産している。
小型のカメラを使ったので、ダイヤルをいつの間にか回してしまい、
全く予期していない設定に変わっていたことが何度かあって驚いた。

写真は元気いっぱいだったアジアゾウ。さすがにここだけは、広角が
あったら良かったと思えるシーンもあった。まあそれは次の機会に。
雨の多摩とタクマー_b0016600_89541.jpg

(E-PL5/スーパータクマー200mmF4)
by keiji_takayama | 2017-03-22 08:09 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama