久しぶりの姿

アメリカプロングホーンは、金沢動物園を代表する動物の1つだ。
国内では唯一の個体となる。名前は「ブッチ」さんである。
ここしばらく、なかなかその姿を撮影する機会に恵まれなかった。
過去の記事を見てみると、最後に掲載したのは2014年12月。
しかも、ネタがなくて全身の写真を苦し紛れに載せていた。
ここから2年以上。何回か金沢動物園には出かけているのだが、
屋外と室内の出入りを自由にさせていることもあり、運動場での
様子を見られないでいた。そして今回も、そうだと思っていた。

プロングホーンのいる「アメリカ区」には、坂道を上っていく。
これの中腹くらいにスペースが開けていて、そこで見られるのだ。
とはいえ、これまでのこともあるので「今日もダメだろう」と、
半分以上は諦めていた。それが長く続いていることもあるのだが、
姿を拝むことができればラッキー、くらいに考えていたのである。
そして、視界に入ったプロングホーンのところ。おや。。。あれ。。。!
まさにそんな感じだった。なんと、以前見たままのように、静かに
佇んでいたのだった。元気に動いていたり、走ったりはしないけど、
そこにいてくれたことがなんだか嬉しかったのである。もうかなりの
長生きだし、そこそこ弱ってきてもいるようだけど、いつものように
そこで姿を見られることが有り難く感じた。特に何かをしたわけでは
ないのだけど、こうして撮れて良かった。目線もしっかりしている。
のんびりしていたが、1度あくびをした。それだけでもう満足だった。

撮らせてもらったお礼を伝え、ぐるっと回ってオオツノヒツジを見に
移動した。俯瞰するとプロングホーンの運動場が見える。少しして、
ふと目を向けると姿が消え、室内のほうに移動している最中だった。

今回はとてもいいタイミングだったようだ。早く行くといいことがある。
久しぶりの姿_b0016600_8132646.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-01-19 08:13 | 金沢動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama