金沢の撮影メモ

金沢動物園で撮った写真を見返してみました。サブとして使っていた
E-M5には、12-40mm、35-100mm、100-300mmの3本を、その場の
状況に応じ付け替えていましたが、メインのE-M1には400mmだけ。
ここ最近は、こういうスタイルが定着しています。軽いのは楽ですね。

さて、E-M1で撮影した写真の内訳は下記のようなものでした。

キリン(9)
アメリカプロングホーン(27)
シロイワヤギ(3)
アメリカバク(4)
インドガウル(121)
インドゾウ(6)
スーチョワンバーラル(60)
ホンシュウジカ(55)
オオカンガルー(50)

ガウルが圧倒的に多かったですね。まぁこれはいつものパターン。
イメージ通りにいかないことが多くて、ついついカットが増えます。
キリンはもうちょっとたくさん撮りたかったのだけど、最初に寄った時に
少し撮影しただけでした。サブ機でそこそこシャッターを押してるけど、
あとでまた来て撮ろうと思ったら、その「あと」がなかったわけです。
ホンシュウジカが意外というか、思っていたよりたくさん撮ってました。
最近はあまり撮ることもなかったのだけど、久々にカメラを向けてみたら
表情が面白かったですね。あそうそう、プロングホーンも久しぶりです。
カンガルーはとても見やすくなり、眺めてしまうことが増えました。
今回はけっこう、時間をかけて狙うことが多かったように感じています。

写真は最後に撮ったオオカンガルー。ここはとても楽しく変わりました。
夕方近くなると、カンガルーがスペースを飛び回ります。それを見ていた
ミニカンガルー。真似して「ぴょん、ぴょん」言いながら跳ねてました。
柔らかい表情ですが、口元に草を銜えてるところはおっさんのイメージ。
金沢の撮影メモ_b0016600_7362763.jpg

(OM-D E-M1/NewFD 400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2017-01-17 07:36 | 金沢動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama