階段走って息切れ

無事に終わった、明治大学ヒューマンライブラリー。
撮影のこぼれ話を1つ。

朝から夕方まで、休む間もなく撮影するものがありました。
イベントや講演会は、絶対に抑えておきたい催し物です。
事前にタイムテーブルは知っていましたが、ちょうど昼頃に開催された
イベントが3つほど、時間が重なっていました。これはハードでしたね。

講演会  12:15〜12:45 5F
スパーリング 12:45〜13:15 1F
コーラス  13:10〜13:25 5F

講演会を15分で撮り終えて、そのまま階段で1Fに降りました。
こういうときには、基本的にエレベーターは使わないことにしています。
スパーリング会場には早めに着きたかったので、なんとかなりました。
ところが、予定時間を過ぎても一向に始まる気配がありません。
お客さんが次から次へと入ってくるので、なかなかきっかけが掴めず
苦労していたみたいです。なんと、10分遅れてスタートしました。
これもなんとか撮りましたが、遅れた影響はあり、終わった段階で次の
コーラスはもう始まっていました。5Fまで急いで戻る必要があります。
ここで、このパターンは千葉市動物公園のフクロテナガザルと同じだ、
そんなことを考えていました。年と運動不足と不摂生には勝てなくて、
ヘトヘトになって5Fまで辿り着きましたが、次は息切れに襲われました。
間に合ったけれどしばらくは撮影どころではなく、ようやくカメラを
構えたら今度は思い切り構図が傾いていて。てんやわんやの展開でした。

この3つはもうドタバタでしたが、まさに真剣勝負。
そりゃあさすがに疲れたけれど、面白さを感じ、楽しんでいました。
それにしても、もうちょっと体力はなんとかしたいものです。
階段走って息切れ_b0016600_2245930.jpg

(1D X /タムロン SP 150-600mmF5-6.3 Di VC USD G2)
by keiji_takayama | 2016-11-28 22:45 | 千葉市動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama