ひまわりを撮りに

28日の話。ひまわりツアーの本番でした。
今年は出番が少なめで、2月以来2回目です。
お客様は29名。意外なほど多くのご参加をいただきました。
写真クラブの皆さんが、撮影会に選んでくださったことが大きかったです。
なんと10名様。団体割引でも適用したいくらいでした。
出発は8時でしたが、相鉄戦でトラブルがあり2人ほど到着が遅れました。
発車するタイミングが難しく、しばらく様子を見ることに。
遅れているお客様からは、添乗員に逐一連絡が入っていたようです。
それを断片的に聞いていましたが、「どうしても行きたい ! 頼むから待って ! 」
という心の叫びが聞こえてくるようで、どうしたものかと思案していました。
ドライバーさんからは、そろそろ出発しないと影響が大きくなるという旨を
伝えられたので、これは決断しないといけないな、そう思っていたらお客様が
到着されました。ホッとひと安心でしたが、出発はかなり遅くなりました。

とはいえ、大きな渋滞に巻き込まれることもなく、無事に明野着。
青空が広がらなかったのは残念でしたが、ひまわりは2日前に下見をした通り
とても元気な状態。皆さんそれぞれ、真剣だったり、楽しんだりしています。
当初の予定よりも、ひまわり撮影の時間を長めに取りました。
これは正解だったようです。いくつかの場所で様々なひまわりの姿を見つけ、
あれこれ構図を考えていると、時間はアッという間に過ぎてしまいます。

そのあとは昇仙峡に移動、仙娥滝周辺を散策しながら撮影しました。
ヤマユリやクワガタなど、ちょっと粋なゲスト被写体も見つかりまして、
こちらはやや短い時間でしたが、そこそこ撮影を楽しむ事ができました。

当初の遅れをいつの間にか取り戻し、最後は予定通りに現地を出発、
無事に戻ってきました。
お客様が皆さん時間に正確でしたので、とても助かりました。
久々でしたが、こうやって皆さんと話しながら撮影するのは楽しいものです。

次回は今のところ9月、これまた久々の宿泊ツアーです。下見行かなくちゃ。
ひまわりを撮りに_b0016600_7344580.jpg

(OM-D E-M1/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2016-07-31 07:34 | かみね動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama