新戦力

以前から気になっていたレンズを、新戦力として加えることにしました。
それは、パナソニックGバリオ35-100mmf2.8POWER O.I.Sです。
マイクロフォーサーズ用なので、135mm換算だと70-200mmになります。
もともと、1度持ってみたいと思っていました 。一昨年の秋に使う機会があり
その時の写真がとても良かったです。ガチガチにシャーブというわけではなく、
それでいて色乗りが確りしている。まるでキヤノンLレンズのようでした。
ただ、ネックだったのは価格です。レンズの性能が高いのは解っていますが、
いかんせん小型なので、そういうオーラがちょっと乏しいのです。なんというか
大きいものが高いのはクルマもそうだし納得がいくのですが、とても小さいので
どうしても気持ち的に踏ん切りがつかない、そういう側面があり躊躇しました。

それからしばらくは何事もなかったのですが、先日の北海道でのこと。
釧路市動物園で元気に動き回るホッキョクグマを撮っていて、小さくてそこそこ
望遠効果のあるレンズがあれば、今の戦力に厚みが加わる、そう感じたのです。
その画角がちょうど70-200くらいでした。まさに買いのタイミングですね。
近いレンズではオリンパスの40-150mmf2.8もありますが、こちらは大きい。
写りにも操作性にも満足できますが,これをカメラバッグに入れると他の必要な
機材が入らなくなってしまいます。35-100mmなら空いているところに入る。
これが最終的には、決め手になりました。使い方が荒いので、機材はちゃんと
写れば文句はありません。外観の程度が悪くても問題はないのですが、中古の
出物があまり多くないので結局まるで逆の、程度の良いものを購入しました。

価格は77,760円です。けっこうな出費になりましたが、活躍に期待します。
それはそうと、動物園用機材がカメラバッグにパンパンになりました。
これからはカメラ3台、レンズ5本が通常装備になりそうです。軽くなるのは
いったいいつのことやら。たぶん、重たいのを担いで歩くのが好きなのです。
新戦力_b0016600_7544311.jpg

(OM-D E-M5/G X バリオ35-100mmf2.8)
by keiji_takayama | 2015-09-23 07:55 | かみね動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30