2日目。釧路市動物園

9日は今回の最も難関、釧路市動物園でした。
起床は午前2時。出発が3時です。睡眠時間は4時間でした。
カーナビタイムは、100kmほど一般道を走るコースを推奨しています。
その通りに進んだわけですが、この時間帯ですから走っているクルマもなく、
とても楽しいドライブになりました。日高山脈や日勝峠を通ったりで、途中の
風景も大いに楽しめました。道東自動車道に乗ったのは十勝清水インターから。
この日も前日と同様で、途中で降りて散策したくなるような風景があちこちに
ありました。高速は白糠インターまでで、そこから再び一般道を使いましたが、
こんどはやや寂れた印象の街並みが続き、これまた撮影心を擽るものでした。

釧路市動物園は、全国的に知られた個体がいて、それをお客さんがみんなで
大切にしている印象がありました。そのうち、幼いホッキョクグマは動きが
もう中にヒトが入っているのではと思えるようなもので、休むことを知らずに
絶えず動き回って、というか暴れていました。遊具がとてもいいおもちゃに
なっているようです。四角いポリタンクを運動場に置いて蹴っ飛ばしつつ、
プールに向かって落ちていくそれにダイビングをかましたり、投げたり掴んで
みたり、噛みついてみたりと楽しいシーンの連続です。これは油断すると、
まず間違いなくそこから離れることができなくなります。それでもいいか、
と思わせてしまう楽しさがありました。別に書くトラ、ライオン、キリン、
レッサーパンダなどもいます。掛川花鳥園でも見かけた記憶がなかった、
シマフクロウがいました。ただ、写真を撮るのはちょっと難しかったですね。

写真はオスライオンのアキラ。
「やや怖がりで、頼りなかったのですが、息子が出来てからは、家族思いの
立派なお父さんになりました。」と書かれています。
なるほど納得で、なかなか精悍な表情を見せてくれました。
でも、ちょっと檻に近かったので線が写りました。モニターでこれを確認、
その1カットを撮っただけで終了。またチャンスがあるかと思いきや叶わず、
ちょっと残念でした。こんなことならもっと撮っておけばよかったなぁ。
ちなみにメスのほうは、ずっと寝ていたので眺めるだけでした(笑)


往復700km近くの長いドライブを終え、ラクティスは返却しました。
特にトラブルもストレスもなく、とてもよく走ってくれました。感謝です。
2日目。釧路市動物園_b0016600_9325666.jpg

(7D/NewFD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2015-09-13 09:33 | 釧路市動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama