ヒルズの中心で叫ぶ

埼玉県こども動物公園のペンギン舎は、「動物園のペンギンのところ」という
従来のイメージを大きく覆す(いい意味で)場所だと思う。とにかく広いのだ。
名前を「ペンギンヒルズ」という。
そして、そこをフンボルトペンギンがひょこひょこと歩いている。
営巣場所も別にスペースが確保されているのだが、そこは地面が土である。
つまり、運が良ければ「土の上にいるペンギン」の姿を観察できるのだ。

これまで何度かこども動物自然公園には行っていたのだけど、ペンギンは
他園でも撮れるという理由から、ほとんど近付いたことがなかった。
これは大いなる失敗だったと思う。
今回の撮影ツアーにあたり、ロケハン時にはパンフレットの順番でほとんど
すべての動物を見て回った。そこで、とてつもなく面白いと知ったのである。
泳いでいたり、水をバックにしたり、という基本のカットはもちろん狙える。
それに加えて、新たなシチュエーションも楽しめる。長居確実の場所だった。

それでは、土の上にいるところを見られるかな・・・と思って、ヒルズの奥の
ほうに歩いて行った。すると、ちょうど丘の上にいるのを発見。これはと思い
しばし眺めていたら、いきなり両羽を広げて「ボエ〜ッ」と鳴き始めた。

ヒルズの中心で、何を叫んでいたのだろうか。

とにかく面白いシーンだった。しばらく撮影してその場を離れたのだが、
鳴き声はずっと聞こえていた。このシーンに出会えてラッキーだった。
ヒルズの中心で叫ぶ_b0016600_11401141.jpg

(Df/AF-Sニッコール80-400mmf4.5-5.6G ED)
by keiji_takayama | 2015-03-01 11:40 | こども動物自然公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama