ユキニマケル

2014年のツアー、12月のラストは天候に阻まれてしまいました。
今回の前、20日のだるま夕日は雨で全く撮れませんでした。
朝は晴れていたし、出発時もかなりの好天。これはリベンジできる、
そう期待していたのですが、現地が近くなるにつれて異変に気付きます。
見える風景が、下見時とかなり違っていました。雪の量が多いのです。
これは山に近付くにつれて顕著になり、雪道が続きます。
ドライバーさんも危険と判断して、チェーンを巻くことになりました。
しかし、有料道路はともかく脇に入る道は除雪が進んでいません。
行けたとしても帰ってこれるかが明確でないし、かなり危険を伴う、
そう判断せざるを得ない状況でした。行くのを諦めて、戻りながら別の
場所で撮影をすることに。なんとか雪景色は撮れたのですが、時間が短く
かなり厳しい行程になってしまいました。とても残念な展開です。

ちょっと慌ただしく出発し、琵琶池へ。
こちらはなんとか日没に間に合いました。しかし、黒い雲が多くて、
美しい夕焼けという雰囲気にはちょっと遠い雰囲気。元気に動いていた
鳥たちに救われました。ここでなんとか写真を撮れる状況になったので、
形にはなりましたが、ラストを飾るにしては悔しいツアーでしたね。

2014年は24回担当しました。今年もまた課題がいくつか出ています。
来年はこれらを解決して、より良いものにしていきたいです。
by keiji_takayama | 2014-12-26 22:41

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama