おばあちゃんの笑顔

次回ツアーの下見に行ってきました。場所は群馬県桐生市。
桐生川上流の紅葉が、水面に映り込んでいるシーンを撮影する内容です。
この場所はこれまで訪問したことがなかったので、何をどうするのか、
いったいどういう見え方をするのか、などを知る必要がありました。
で、桐生というと思い浮かんだことが。そう、動物園です。
群馬県唯一の公営動物園、桐生が岡動物園があります。
ここはまだ訪れたことがなかったので、だったらこのチャンスを生かそう、
そう思ってこちらも行ってみることにしました。ただ、あくまでもメインは
ツアーの下見です。従って、午前中だけ動物園を楽しむことにしました。

いつものように一般道を使って向かったわけですが、途中で渋滞にハマり、
予定の9時が1時間遅れてしまい、着いたのは午前10時でした。
この動物園はなんと無料です。それでも、思っていたより園内は広く、
動物も意外なほど多かったですね。ライオンは残念ながら、今年2頭とも
亡くなってしまい、喪中のお知らせが檻の前に貼られていました。
驚いたのはクモザルの施設でして、360度見渡せるようになっています。
しかも、俯瞰で上から眺めることも可能。移動すればいくつかの場所から
楽しむことができます。見ていて飽きないし、実に面白いのです。
紅葉を背景に撮影できる場所も見つけましたが、残念ながらそこには
登ってきてくれませんでした。遠足の子どもたちもいっぱいで、とても
元気に観察していたのが印象に残っています。いい意味で予想を裏切り、
楽しい時間になりました。途中で離れるのがとても名残惜しい感じで、
また機会を作って遊びに来たいところです。動物園用にOM-D、下見用は
X-T1と2つのセットを持っていましたが、ミラーレスはさすがに軽い。
カメラバッグ1つにすべて入るので、楽なものです。動物園を出たのは
12時半でした。写真はアジアゾウのイズミさん。59歳の♀です。
撮りながらなぜか、おばあちゃんの笑顔を連想してしまいました。
おばあちゃんの笑顔_b0016600_23222435.jpg

AB− (OM-D E-M5/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2014-11-14 23:22 | 桐生が岡動物園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama