ドライブのお供

以前にも書いたが、ドライブのお供はスマホである。
もともと電話機能も入れていないデータ通信のみの契約だった。
ロクに使わず宝の持ち腐れ状態だったが、これを変えたのがカーナビだ。
いまでは4つのナビを使い、気分に応じてその時の案内を変えている。
これが、ドライブの密かな楽しみの1つになっている。

山梨あたりに下見を兼ねて行くことが、去年からかなり多くなった。
そのたびに甲州街道を使う。カーナビの指示も、ほぼ毎回これだった。
たまに行きだけ違うルートを出してくる場合があるが、帰りはほぼ100%、
ひたすら甲州街道というパターンだった。ところが、今回は違ったのだ。

このルートの帰りでは初めて、カーナビタイムに頼むことにした。
1日は相模湖で花火大会があり、これに引っ掛かったら最後だと思ったので
やや早めに現地を出発した。通常なら大垂水峠を使うのだが、なんと初めて
相模湖駅前の交差点から別の道を使うルートを示された。その通りに行くと
なんとなく予想できた帰り道があったのだが、これも迂回されたようだ。
全く走ったことのない道路をかなり長い時間走ったあと、どこでどう繋いだか
多摩動物公園に行った際に使っている道を案内された。ここで感心しきり。
すると調子に乗ったようで、さらなるサプライズが待っていた。
渋滞を回避するためだと思うが、ほぼ平行に走っていて信号の数が少ない、
という別の道を案内してきたのだ。これはホントにビックリした。
スイスイなのである。このおかげで、いつもの平均時間より早く到着した。

高速道路を一切使わずひたすら下道で行く、というのもかなり物好きだが、
こういう面白い経験ができるとたまらない。実に楽しいドライブであった。
by keiji_takayama | 2014-08-02 22:38

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama