読書の夏

かなり久しぶりに、文庫本を買った。

子供の頃から推理小説が大好きで、いろいろとよく読んでいた。
趣味がいろいろと変わったし、まったく読まなくなったこともあるが、
なぜか定期的に読書ブームがやってきて、そのたびにミステリーばかり
読んでいたように思う。直近では京極夏彦のシリーズものにハマって、
分厚いノベルスを鞄に入れて通勤していた。その前がなかなか凄くて、
所謂新本格というジャンルにのめり込み、島田荘司とか綾辻行人とか、
法月綸太郎とか歌野晶午などは片っ端から読みふけっていた。
その後これが東野圭吾に飛び火し、当時の作品は大半を購入していた。

ところが、結局は飽きてしまうのだ。
事情はよく覚えていないが、一人暮らしを始めた頃にすべて処分した。
その後は、気が向くと買って来て読む程度。
そして、ここ数年はまるで読んでいなかったように思う。
たまたま最近、ひょんなことから知った作品だった。
読んでみたい、と久々に感じたので、出勤前に本屋さんに寄ってきた。

明日は休みだが、東京はまたしても大雨が降ると予報が出ている。
静かに読書をしながら、過ごしてみようと思う。
by keiji_takayama | 2014-07-03 23:10

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama