狐の嫁入り行列撮影会

本日は横浜を7時半に出発し、高崎市を目指しました。みさと芝桜公園にて、
「狐の嫁入り行列」のイベントが開催されます。これを撮影する行程でした。
行列は2回行われる予定ですが、初回の11時に間に合うかどうかがカギで、
例年このイベントの開催日は近くの道路が大渋滞するとのアナウンスがあり、
ドライバーさんの負担が大きくなるなと感じていました。ところが実際には、
スイスイ進んでしまい到着は午前10時過ぎ。時間的余裕が生まれ、ご参加の
お客様15名様も、リラックスした雰囲気で撮影に挑むことができたのです。

園内では基本的に自由行動。すでに集まり始めていた行列参加者を撮影したり
場所を探したり、芝桜の風景を狙ったりと様々でした。だんだんカメラマンの
姿が多くなり、来園者の半数近くを占めていたように思います。花嫁と花婿が
登場すると、カメラマンの興奮はピークに達しました。きつねメイクを施した
主役の2人はたいへんです。あちこちから声がかかり、そのたびに目線を向け
笑顔とポーズを見せていました。行列が始まると、もう追っかけ合戦でした。
撮ったらその場所を離れて次の通り道に向かいカメラを構える、の繰り返し。
お二人のアップを狙う、というカメラマンが多かったようです。望遠レンズを
構えている姿が目を引きました。花嫁は1回目着物、2回目は白無垢で登場。
沿道からもさかんに祝福の声を浴びています。実際に結婚する二人が歩いて、
芝桜が彩りを加える、そんなシチュエーション。たいへんな賑わいでしたね。

さて。ではどんな写真を撮ろうと思っていたか。これが実に不思議なもので、
いつもは望遠でしか撮らないくせに、絶対に広角で狙おうと考えていました。
要は鉄道の編成写真と同じです。行列の編成をきっちり撮るのを目的として、
その前後に芝桜や見物人を入れたい、そんな構図が頭に描かれていたのです。
あとはなんとなくそれが撮れそうな場所を探し、撮影しました。といっても、
ほとんど一発勝負。それぞれの回で1カットずつくらいしかマトモに撮れず、
ああこうすれば良かった、という後悔もちらり。お客様の撮られた写真も拝見
しましたが、そこにはいきいきとした夫婦の表情がたくさん記録されていて、
むしろそちらのほうが満足感が大きかったです。「楽しかった」という声も、
帰りのバスのなかでいただくことができました。日頃スナップ撮影はほとんど
やらないのですが、動きのなかでチャンスを探し求めるのは面白いものです。

写真はいつものように、おさんぽ写真館に載せます。楽しい撮影会でしたよ。
狐の嫁入り行列撮影会_b0016600_20455111.jpg

AB− (OM-D E-M5/FD400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2014-04-20 20:46 | 千葉市動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama