ストックフォト

かなり前になるが、撮影した写真を販売するサイトに登録した。トラ年だった
数年前にはそこそこ売れたりもしたのだが、なかなか写真をアップする機会が
なかったこともあり、放置状態で数年が経過している。その間にはシステムが
変更されて、クリエイターがランク付けされたりアップロードの枚数に制限が
あったり、独占販売にすれば獲得報酬率が増えるようになった。この会社には
現在125,621人のクリエイターが登録しており、素材点数は7,184,559点
にものぼっている。そのすべてが写真というわけではないのだが、規模として
最大クラスといっても過言ではないレベルだ。これを、様々な目的で使用する
個人や企業が購入して使っている。これはカメラマン要らずだ。欲しい写真は
ネットで探せるからである。「写真家」の話になるとこれはまた違ってくるが
探せない素材はほとんどないといえるのではないか。それだけ写真、カメラが
身近な存在になり、誰でもいい写真が撮れて副収入が得られるようになった。

とはいえ、しっかりと撮影活動をして写真を載せなければ営業にはならない。
数年も放置していたわけだから、会社にしてみれば完全に不要クリエイターと
いうことになるだろう。それでも切られないのは有り難くて申し訳ない話だ。
マイページから過去の販売履歴を見てみると、最後に売れたのは昨年の5月。
その前になると一昨年の9月。年に1〜2枚のペースだ。最近久々に確認し、
これだけの悪い成績なのに、あと300枚アップロードできることを知った 。
せっかくなので、少しずつ載せていき上限まで可能性を作ってみようと思う。

しかし、登録したらすぐ販売権利を得られるわけではない。審査があるのだ。
以前はそのまま即販売が可能だったと記憶しているのだが、様々な理由があり
これまた変更されたようである。そして審査にはだいたい一週間ほどかかる。

◦画質、技術面のクオリティ
◦被写体がストック素材として適しているか
◦つけられたタグやタイトルの内容が適切か
◦必要に応じた肖像権使用同意書が添付されているか

このような点を確認するという。それ相応のクオリティは求められるわけだ。
こう書くと、画素の多いカメラを使う必要があると考えられるかもしれないが
そうではない。820万画素のカメラで撮った写真すら、まだ登録されている。
というわけで先日、マイクロフォーサーズと古いレンズで撮影した写真を登録
してみることにした。テストなので1点だけ。審査には1週間ほどかかるが、
何の問題もなく通過、販売が開始された。ミラーレスでも問題ないのである。
しかし、売れる売れないは別の話だ。首を長くして朗報を待つことにしよう。
ストックフォト_b0016600_533848.jpg

AB− (OM-D E-M1/Gバリオ100-300mmf4-5.6)
by keiji_takayama | 2014-04-10 05:33 | 多摩動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama