楽しい全ボツ

写真仲間総勢10人で、市川市動植物園に行ってきました。道路がすいていて
開園前に着くことができましたが、その段階ですでに20人ほどが列を作り、
ゲートが開くと、楽しそうに入園券を買って中に入っていきます。天気も良く
連休最終日と相まって、とても清々しい雰囲気に包まれていました。人気者の
レッサーパンダやカワウソのところには、早くも人だかりができていました。

集合時間まで1時間弱余裕があったので、このタイミングでいつものカットを
2つほど撮れたら理想的だと思っていました。そこで、持ってきた500mmで
撮ろうと試みたのですが、動物との距離が近い市川では完全に無謀でしたね。
マンドリルがいい感じに狙えそうでしたが、今度は天気が良すぎて檻が反射し
絵になりませんでした。ただ、条件が合えば撮れそうです。その位置を知った
というだけでも収穫はありました。ちょっと残念ではあったけど、次こそは。

全員が揃ったら撮影開始。写真を撮りに行くのは1人が圧倒的に多いけれど、
たまにはこうしてワイワイ笑いながらカメラを向けるのも、楽しいものです。
みんな狙いは異なるし、立ち寄る時間にも差があります。そうすると写真にも
違いが現れるので、そこでまた笑ったり。いい時間になりました。園内では、
あちこちでカメラを持った人を見かけました。それもそのはずで、この日には
動物写真家の講演会が催されました。こちらも笑いが絶えない内容で、しかも
勉強にもなるという楽しいイベント。動物を撮るならとにかく観察が必要だ、
といった撮影のポイントや、今後の動物園に関する話題など、充実の90分。

こんな感じで、おでかけとしてはとても良かったのですが、写真はというと、
これが大惨敗でした。ここに載せられるのはなし。恐れていたことがついに、
現実になってしまいました。別館はまた豊作です。これはさすがに困ったぞ。
楽しい全ボツ_b0016600_932423.jpg

AB− (α99/AF70-400mmf4-5.6G SSM)
by keiji_takayama | 2014-03-24 09:30 | 富士花鳥園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama