86年以降

アイドル撮影の思い出話。86年以降はあまり多くないので、まとめてみた。

86年組
・西村知美・・・ほとんど直立不動で撮影が楽。誰でもいい写真が撮れた。
・島田奈美・・・何度か撮ったことがあるはずなのだが、思い出が少ない。
・杉浦幸・・・最初に撮った場所は新宿中央公園。前評判は高かったけど。
87年組
・森高千里・・・カメラ小僧引退直前に、一度だけ撮ったことがある。
・酒井法子・・・元気一杯だったが、空回りしている印象が強かった。
・渡瀬マキ・・・雑誌の読者イベントでモデル役だった。まさかの変身。
88年組
・中山忍・・・イベントで撮ったことは2回ほど。地味な印象しかない。
・藤谷美紀・・・いろいろ因縁あり。自転車に乗ってるところも撮った。

この頃は撮りたいタレントを集中的に追っていたこともあり、新人イベントに
あまり顔を出していなかったような気がする。いまと違って、そうそう簡単に
写真を撮れるとは限らなかったのだが、それだからこそ、の楽しみがあった。
最近はこうした撮影事情も大きく変わっていると聞く。いい時代を過ごせた。

話は変わって。以前、ソニーα7とオリンパスE-M1が発売になり、いよいよ
ミラーレス市場も高級化が進んできたと書いたのだが、最近ではこの流れに
フジが加わっている。2月に発売されたXT-1が人気を集めている。購入した
ユーザーからはファインダーが良い写りが素晴らしいという絶賛の声があり、
悪い点があまり聞こえてこない。お客さんとの会話のなかでも、欲しいという
声が強くなっている。同じ考えを持っているので、ついつい盛り上がるのだ。
縦位置用グリップがあるので、超望遠での動物園撮影にも使えそう。あとは、
ピント精度とファインダーだけ。試せる機会があるといいのだけど、さすがに
出たばかりなのでまだ難しい。しかし、持ってみた感触では、ボディ側にある
グリップが意外に小さいと感じている。このままオリンパスでもいいけれど、
フオーマットとしてAPS-Cは持っていたい 。結局悩みは尽きないのである 。
86年以降_b0016600_943283.jpg

AB− (OM-D E-M5/NewFD400mmf2.8L)
by keiji_takayama | 2014-03-11 09:04 | 千葉市動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama