そっとミラーレス

前回訪問時に紹介したのだが、富士花鳥園にたくさんいるフクロウのなかで、
おそらく人気の高い3本指に入るのではないかと思うのがアナホリフクロウ。
とても小さいフクロウだ。ちょこちょこと歩いたり、飛び跳ねたりしている。
女性などが「かわいい・・・」と言ったきり釘付けになるケースもしばしば。
この日も、スマートフォンを向けるシーンが複数見られた。がしかし、うまく
撮れないのだろう、苦戦している様子が目立ったのだった。それもそのはず、
アナホリフクロウの前に立ちはだかっていきなりカメラを向けると、ビックリ
してその場から離れてしまうのである。ガラスケースの真ん前にいたとしても
後ろの方に移動してしまうのだ。どうやらこれでうまく撮れないようだった。

そこで、ミラーレスカメラの登場である。GX7が大いに活躍してくれたのだ。
まず、そっと近付いてアナホリフクロウの前に立つ。アクションはできるだけ
小さく抑えるようにする。そして、カメラをゆっくりと上げる。この時はまだ
撮影の体勢にはしない。ただ単にカメラの高さを変えるだけ。ここで便利だと
思うのが可動式モニターだ。これをウエストレベルにして、上から覗き込む。
もともとミラーレスのレンズは口径が小さいので、動きを緩慢にすればあまり
警戒心を抱かれずに済む。最後にピントを合わせてシャッターを切ってみた。

富士花鳥園ではこういう接近戦が意外に多い。マクロレンズがあると心強い。
そっとミラーレス_b0016600_949230.jpg

AB (GX7/MZD60mmf2.8マクロ)
by keiji_takayama | 2014-02-05 09:50 | 富士花鳥園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama