高感度テストin花鳥園

来月に催行するツアーの下見を兼ねて、富士花鳥園で遊んできました。道路は
さして大きな混雑もなく、スイスイ到着。途中からチラチラ見える富士山が、
雪を纏ってそれは美しい姿をしておりました。これは完全に、脇見注意です。
一般道ではそういう案内板もいくつか置かれていて、これは無理もないという
感じでした。ドアミラーに映った富士山、写真撮りたかったなぁ。花鳥園では
バードショーもすべて見てきたし、ふれあい体験もしました。写真を撮るのも
楽しいのだけど、ここではついつい遊びモードに入ってしまいます。平日だし
お客さんの姿もそんなに多くはなく、すっかり満喫できました。ただ、腰痛は
まだ完治していなかったようで、ときどき困ることも。出かけるときは、まだ
コルセットが必要なようです。しかし、ドライブも存分に楽しんできました。

今回持って行ったカメラは大半が借り物でした。GX7とα99です 。レンズは
ルミックス12-35mm、35-100mm、オリンパスマクロ60mmがメインで、
ソニー用として70-400mmを使いました。要は高感度テストのようなもの。
基本的にGX7はISO3200、α99はISO5000で撮影しました。ここ最近は、
デジタルカメラの高感度性能がどんどんアップしています。ミラーレスでも、
さして気になるほどではありませんでした。風景写真と違い、こういう撮影は
とにかく写っていなきゃ話にならないわけです。そういう点では、躊躇せずに
ISO感度を上げてブレを防ぐほうが 、結果的に満足度は高くなると思います。

ソニーのレンズは前回同様、コントラストが強いというイメージがあります。
高感度テストin花鳥園_b0016600_21591730.jpg

AB− (α99/AF70-400mmf4-5.6G SSM)
by keiji_takayama | 2014-01-27 22:00 | 富士花鳥園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama