その気にさせる場所

写真を撮るという目的に当て嵌めると、千葉市動物公園は「その気にさせる」
場所だと思う。例えば金沢やズーラシアだと、到着したその段階からすでに、
ボツの可能性について考えるケースが出てくる。押さえが効かないのである。
上野は檻が多いけれど、鳥が撮りやすいというとても有り難い一面があるし、
ハシビロコウやフラミンゴなどに助けてもらえる。ところが、ズーラシアでは
いったん負のスパイラルに入り込むともう脱出できなくなる。これで過去には
数回ボツを経験したことがある。金沢は迂闊に天候の悪い日を選んでしまうと
露出が上がらず、ブレる確率が格段に増してしまうのだ。では多摩はどうか。
これはもう仕方のないことかもしれないが、撮る場所と動物がいつも同じだ。
その場所以外だと、好きな撮りかたを実践できないことが最大の理由である。

ところが、千葉ではなぜかチャレンジ精神が往々にしてムクムクと出てくる。
さほど広くないので、何度でも時間を変えて寄ることができるし、チャンスが
あればモノにできる、という期待感を大きく保つことができるからだと思う。
イベントなども頻繁に行われてるし、距離が近いから撮影もしやすい。そして
例えばフクロテナガザルがそうだが、園内に響き渡る声で鳴く。それをどこか
別の場所で聞いたとしても、走って行けば間に合うのだ。ただ実際は、着くと
息切れしてしまい、撮影などとんでもない状況になってしまうのだけど。要は
それだけ楽しみがある、期待できるところなのだ。一時は年間で最も出かけた
動物園だったわけだが、今年は2回で終わりそうだ。来年はもっと増やそう。
その気にさせる場所_b0016600_0413439.jpg

AB− (GX7/FD500mmf4.5L)
by keiji_takayama | 2013-12-10 00:42 | 千葉市動物公園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama