消えるあけぼの

ネットニュースを見ていたら、「ブルートレイン廃止へ」と書かれていた。
ここ数年は毎年のように、客車式寝台特急が廃止されるという話題がある。
時代の変化といってしまえばまさにその通りなのだが、子供の頃から好きで
写真を趣味にする大きな力になったブルートレインがなくなってしまうのは
なんとも寂しいものだ。飛行機が大嫌いだし、地方移動はますますクルマに
頼る事になりそうである。早く着くだけがいいとは思わないけど、ここでも
もう時代から取り残されている感がある。それはクルマ選びでも同じだが。

2015年度末に北海道新幹線が開業するので、というのが理由だが、加えて
これはいつものことだが車両老朽化、乗車率の低下などが挙げられていた。
登場したのが遅く、子供の頃の思い出がない「北斗星」「カシオペア」には
思うところが少ないのだが、上野ー青森間を走る「あけぼの」が来年3月で
廃止されるというのは残念だった。鉄道ファンには 、20系客車を使用した
最後のブルートレインとしても知られる。そしてこの「あけぼの」、秋田に
行く際にはとても貴重な足だった。上野を夜に出発するのだが、秋田に着く
時間は翌日の早朝。駅にあるカフェでしばらく過ごし、ローカル戦に乗ると
開園前に大森山動物園入園ゲートに並ぶことができた。これは大きかった。
新幹線を使うと、たとえ始発でもこうはならないからである。空を飛ぶのは
最初から考えていない。なので、大森山に行くためには絶対必要な列車だ。

では最後に乗ってみようと思うのだが、大森山はまもなく冬期休園に入る。
そして来年も雪の動物園が実施されるとは思うのだが、そうなると廃止直前
というタイミングになる。チケットは争奪戦だろう。これまでの乗車率が、
まるでウソのように上がるのだ。そんなわけで、重ね重ね残念なのである。
消えるあけぼの_b0016600_22442227.jpg

AB (OM-D E-M5/NewFD400mmf2.8L+ケンコーEXT 36mm)
by keiji_takayama | 2013-11-09 22:45 | 掛川花鳥園

いつもは中古カメラ店でカメラやレンズを売ってます。休日になると、望遠レンズを担いで各地の動物園や闘牛場で撮影活動。動物たちの表情を追い続け16年が経過しました。旅行会社で撮影ツアー講師を務めています。


by keiji_takayama